« アボガド日記13 | トップページ | ギックリ腰 »

2010年4月30日 (金)

通勤電車で読んでる本9

コムバンワ。
GW真っ只中、如何お過ごしですか?

世間は何ですか?10連休?11連休?
オイラは本業に副業にと忙しくて大して休めなさそうダヨ。
でも一回位は釣り行きたいなぁ。でも混んでるんだろうなぁ。水の上も道の上も。

そんな私が最近通勤電車で読んでる本はコチラ。

20100430_01「超訳 ニーチェの言葉」

表示がメチャかっこいい。(笑)
今年の初めに出たみたいで、その頃は結構売れてたみたいだね。
あの良く耳にすると言うか、活字で目にする、「ツァラトゥストラはかく語りき」で有名なニーチェだね。(←コレちゃんと覚えてて何も見ずに発音出来る人尊敬したる。)
私ニーチェの書いた本というか文献というか、初めてちゃんと読んでます。
まぁ言われてみればその通りというか、当たり前というか、そんな短文が名言集っぽく纏められてるんだけど、やっぱりそうかとか思ったり。う~んと考えたり。反省したり。
面白いです。ただ、各ページに大きく自己啓発本の如きタイトルが書かれていて、電車で読んでるとちょっと後ろを気にしてしまふ。

そんなニーチェの名言集から、今日は何となく選んだ一説をお送りします。

四つの徳を持て
自分自身と友人に対しては、いつも誠実であれ。
敵に対しては勇気を持て。
敗者に対しては、寛容さを持て。
その他あらゆる場合については、常に礼儀を保て。

ま、ごく一部の方々には、とてもnunoが選んだとは思えないと言われそうですが・・・。
よい連休を。寝る。グゥ。

« アボガド日記13 | トップページ | ギックリ腰 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車で読んでる本9:

« アボガド日記13 | トップページ | ギックリ腰 »