« 53UP | トップページ | 江波戸博さん救済チャリティー募金 ~ 絆 ~ »

2010年5月14日 (金)

通勤電車で読んでる本11

コムバンワ。
なんか股寒い。あ、また寒い。今年の春はおかしいなぁ。
いかがお過ごしですか?

20100514_01_2

で、最近読んでる本がコチラ。
道尾秀介の「骸の爪(むくろのつめ)」がこれの続編だった。と後で気が付いたのでTSUTAYAで探したら上下巻だった!
ちょっと悩んだけど「骸の爪」は面白かったので買ってきた。
決して「とりあえず上巻だけ」、とかはしない。

「背の眼(せのめ)」上下 道尾秀介

“児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む真備のもとを訪れる。そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の眼が写り込む、同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。これは単なる偶然か?第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。 ”

なんかねぇ、写真撮ったら心霊写真みたく背中に眼が写って、その人が暫く経つと自殺しちゃったって事件が立て続けに起こって、で、その写った眼が以前殺された子供と同じ眼をしてるっていう、その謎をホラー作家とその友人の心霊現象探求家が解いていくっていう話。

この話に出てくる真備(まきび)ってキャラクターが誰かに似てるなぁと思ったら以前読んだ東野圭吾の本に出てくる福山正治じゃないけどあの人に似てる。
同じ人の本立て続けに読む事になろうとは。でも前からそんな傾向だけどね。まだ下巻にさしかかったとこだけど、単純に面白いですね。

この人結構いろいろ書いてるみたいで、しかも「シャドウ」って作品は馴染み深い“創元推理社”(ラブ・クラフトとかポー出してるトコね)から出てる。次はソレにしてみようかな。

てな感じで、寝る。グゥ。

« 53UP | トップページ | 江波戸博さん救済チャリティー募金 ~ 絆 ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車で読んでる本11:

« 53UP | トップページ | 江波戸博さん救済チャリティー募金 ~ 絆 ~ »