« 暴走DOM | トップページ | 通勤電車で読んでた本 »

2010年6月26日 (土)

通勤電車で読んでる本16

コムニチハ。
なんだか忙しくってすっかり間が開いてしまいました。

今日は半年振りに美容院で髪切ってきた。いつもちょこっとしか切らないんで見た目殆ど変わらないんですけどね。
もう十年以上そんな感じなんで、私の周りの人達がもつ私のイメージはこの十数年変わらない。

ハズ、なんだけどやはりお肌には寄る年波が…(ノ_-。)

今日美容院で初めて会う美容師に「幾つに見える?」って聞いたら(私初めて会う人に幾つに見える?って聞くのが好きなんですけどね)、5つ下に見られたけどそれじゃ不十分!

っ事で化粧水に凝ってる今日この頃、如何お過ごしですか?

そんな事はどうでもよくて本の話ですが、「永遠のゼロ」が感動的過ぎて(なんか賞取ったのかな?本屋に行ったら平積みされていたヨ。みんなも読んでみて)、二度寝ならぬ二度読みしてた。
で、何読もうかなって思ってたら、二人から同じ質問「告白は読みました?」って聞かれたので、髪切った帰りに本屋寄って買ってきた。

20100626_01_2「告白」湊 かなえ

“我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。 ”

なんか映画化もされたのかな?本屋で平積みされてたのは前から見てたんだけど、私ミーハー的に見たり読んだりするの嫌いなんで、見て見ぬフリしてたんだけど、何だか面白そう。
映画は結構イイみたいだね。

20100626_02_2話は変わるけど、近所に唐揚げ専門店が出来てた。
「すごいっ手羽」。すっごい手羽じゃないよ。「すごいっ手羽」。
髪切った帰りに買って帰ろうと思ったら午前の分は売り切れで、午後は5時からだったので、夕方わざわざ行って買って来た。
なかなか美味しかったヨ。ちょっと調べたらなんでもここのシェフ(シェフって言うの?)はあのロバート・デ・ニーロと、世界でも著名な日本人シェフの一人でもある松久信幸がオープンさせた、日本料理をベースとしたレストラン「NOBU」で修行をなさっていたお方だったんですって。
相模大野も捨てたもんじゃないな。また買いに行こう。

デハまた。

« 暴走DOM | トップページ | 通勤電車で読んでた本 »

コメント

告白も持ってたから一緒に貸せば良かったね。

ヒサシさん>
コムバンワ。
ハチローお疲れ様でした。

ヒサシさんは結構読書家なんだね。

「永遠のゼロ」はよかったぁ!
またイイのあったら教えて欲しいです!

通勤電車が長いもんで・・・
『激流』っていうジャンルはミステリーになるのかな、
これが結構面白かったです。
上下巻あるので読み応えあり。
今度貸しますよ。

ヒサシさん>
コムバンワ。
私も通勤時間長いもんで、次から次へと読み終わっちゃうんですよねぇ。
「告白」は2日で終わってしまった・・・。

「激流」面白そうですね。
今度ヨロシクですぅ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車で読んでる本16:

« 暴走DOM | トップページ | 通勤電車で読んでた本 »