« アボガド日記20 | トップページ | 八郎潟遠征~その1~ »

2010年7月13日 (火)

通勤電車で読んでる本17

コムバンワ。
70年間飲まず食わずのヨガ星人、あ、聖人知ってる?
でも年取ってるって事は死ぬのであろう?別に得してないと思う。
如何お過ごしですか?

今日も会社帰りにTSUTAYAに行って、何か読むもん無いかなぁって思ったら、伊坂幸太郎の新しいのが文庫本で出てて、ランキング1位とかなってた。
オイラあんまり平積みされてたりランキングに入ってたりってのは手が伸びないんだけど、ここで悩んで他のを探し出すと、ロマンスカーの時間が迫って結局何も買わずに店を出るハメになりそうだったので買ってみた。

20100713_01「砂漠」伊坂幸太郎

“入学した大学で出会った5人の男女。ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決…。共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、それぞれ成長させてゆく。自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて手探りで先へ進もうとする青春時代。二度とない季節の光と闇をパンクロックのビートにのせて描く、爽快感溢れる長編小説。”

青春小説みたい。
もうそんな遠い昔の気持ち覚えてないよ。
(´・ω・`)ショボーン

でも、信憑性は疑問だけど1位になる位だからきっと面白いんで無い?
ランキングと言えば、前にも紹介した百田尚樹の 「永遠のゼロ」がランキングに入ってていっぱい置いてあったな。なんか話題になっとるみたいだね。
百田尚樹と言えば、「ボックス!」ってのが上下巻で出ててこれまた平積みされてた。ボクシングの話みたい。
なんか小説家って人達は色んな事に詳しくて凄いね。たまに間違った解釈しとるみたいだけど。
次は「ボックス!」にしよう。

てな感じで、寝る。グゥ。

« アボガド日記20 | トップページ | 八郎潟遠征~その1~ »

コメント

また泣ける本発見!!
電車で何度も涙を拭いた。
元々見てくれと違って涙もろいほうなんですが・・・
その本は『5年3組リョウタ組 石田衣良 角川書店』
学校の先生の話なんだけど面白かったし感動を覚えた。
今回は後輩から借りて読んだんで貸せませんが、
機会があったら読んで見て下さい。

ヒサシさん>
コムバンワ。またまたオススメ本有難うございます!
是非是非読ませて頂きますよ。

ヒサシさんは涙もろかったんですね。
見てくれと違って。(´・ω・`)プ・・・

非常に意外です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車で読んでる本17:

« アボガド日記20 | トップページ | 八郎潟遠征~その1~ »