« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

Re:design+

コムバンワ。
あっというまに今年も12分の7が終わってしまいました。
如何お過ごしですか?

なんか忙しい。今週は四尾連湖(←シビレコと読む)キャンプに参加する筈だったのに行けずじまい。
(´・ω・`)ショボーン

20100731_01そんなオイラを元気付けるアイテムが届いた。
Re:Design+ vol.4 「PARR MARK EDITION」 Hi-Average&No.13
福ちゃんやるなぁ。
No.13のナチュラルパーマークがすばらしい出来具合。なんか使うのもったない。
そして楽しみなのがNAUTILUSに使っていた例の薄ペラを付けたHi-Average。コレ回りそうだなぁ。

今回は関西のショップさん限定で扱うみたい。探せばまだ通販で買えるかもよ。

しかしこうあっとぅいと釣り行く気しないなぁ。行っても朝夕の涼しくてしかも短時間しか集中出来なさそう。早く涼しくなんないかなぁ。
夏バテはバカにできません。無理にでも休みましょう。

寝る。グゥ。

2010年7月29日 (木)

アボガド日記21

コムバンワ。
早く冬にならんかなぁ。如何お過ごしですか?

さて今日は久しぶりのアボガド日記。
遠征中も元気に育っていたよ。
デハいつもようにアボガドスキャンいってみよー。

20100729_011代目 24cm。
おおっ!<(゚◇゚;)>2cm伸びとる!
やっぱ夏だから流石の1代目も伸びる気になったか?

20100729_02そして2代目 98cm!
スゲー!もうすぐメーター超えだ!
そろそろ写真に収めるのも大変になってきたヨ。

20100729_03伸び盛りの先端の方はこんななってます。
う~ん、みずみずしい。
元気いっぱいだね。途中の葉っぱはみんな落ちちゃったけど。
アボガドってのはアレなのかな。常に上の方にしか葉をつけないのかな?なんか動物に食べられるのを恐れて上の方に実をつけるようになった。みたいな。

20100729_04そしてみんなの期待を一身に背負って生きる3代目。
32cm。
結構立派になってきたね。早めに鉢に植え替えたのは正解みたい。こいつもやっぱり上の方にしか葉をつけない2代目タイプ?

てな感じであっとぅいせいか、日に日に成長するアボガド達。
楽しいなぁ。
ルン(・∀・*))((*・∀・)ルン♪

寝る。グゥ。

2010年7月28日 (水)

通勤電車で読んでる本18

コムバンワ。
なんか八郎潟の話ばっか書いてたので本の事でも書いとくかな。

20100728_03

で、最近読んでる、って言うか読み終わっちゃったんだけど、本がコチラ。

「ボックス! 」上下 百田尚樹

“アホでおちゃらけだが天才的ボクシングセンスを持つ鏑矢義平。彼の所属する恵比寿高校ボクシング部に幼なじみでいじめられっ子だった木樽優紀が入部した。特進コースで成績トップクラスの木樽の入部は周囲を驚かせる。木樽には強くなりたい理由があった。”

百田尚樹(ひゃくたなおき)ってのは、そう、アノ感動の名作(と勝手にオイラが呼んでいる)「永遠の0(ゼロ)」の著者だね。
この人の本なら間違い無かろうって事で、上下巻にちょっと抵抗があったけど一緒に買ってきた。
で読み始めたらもう面白いのなんのって、上下巻あっという間に読み終わってしまった。

内容的には高校ボクシング部を舞台にした話で、所謂スポーツ青春小説っていうのかな。前回の「砂漠」にしろ、なんだか最近青春小説めいているが、決して若かりし頃を懐かしんでいる訳ではない。ww

ボクシング自体、それほど興味もないし、詳しくないんだけど、登場人物に、見る立場のボクシング初心者を登場させる事で、こんなオイラにもわかりやすく物語が進んでいく。

ドキドキする試合のシーンや、友情に涙する場面もあり、とにかく面白かった。

なんか5月に映画化もされていたらしい。
http://www.box-movie.jp/
ちょっとDVDとかになったら見てみたくなった。

そんな感じで、特にボクシング知らなくってもこの本はオススメ。
寝る。グゥ。

八郎潟遠征~その6~

コムバンワ。
梅雨も明けてひたすらあっとぅいですね。
如何お過ごしですか?

17日、18日、19日と、連休を利用して、毎年恒例の八郎潟遠征に行ってきたよ。
秋田県の八郎潟と言えば北のツレツレ天国。果たしてその恩恵を受ける事が出来るのか?
今日はその八郎潟遠征記の第6回です。ってそんなに書く事有るんだろうか・・・

あ~もう、いい加減終わらせてやる!

八郎潟遠征もいよいよ今日で最終日。って言うほど長く滞在して無いけど。
この日の朝マズメはPhaseの竹之内さんに誘われて、合流して釣りする予定。・・・だった。

T「待ち合わせはどうしましょうか?」
n「(関東八郎潟遠征組の最大公約数的スポットの)サンルーラルでどうでしょう?」
T「サンルーラル??ちょっとお待ち下さい。」
・・・
T「ああ、分かりました。サンルーラルで。時間どうしましょう。4時半とかでもイイですか?」
n「大丈夫ですよ。4時半ね。デハ」

という訳で翌朝は遅れては大変なので3時には起床して4時にはサンルーラル前に到着。
しかし4時半になっても竹之内さん達は現れず。場所わかんないのかなぁと思って電話してみると、

T「すいません、さっき起きました・・・」(; ̄Д ̄)ナンデスト?

すぐ行きますって言うんで待つ事にしたんだけど、もうこの時点でMIKAの怒り爆発。
Twitter上で怒りをぶちまけるMIKAの呟きを目にした人も多いでしょう。

「相模湖じゃねぇんだぞココは!」
「誘っといてなんだこの仕打ちは!」
「だいたい4時半って遅くね?」
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

手が付けられなくなったので竹之内さんに断りを入れて、別行動に。
竹之内さん、また機会が有ったらご一緒できるとイイですね。

すっかり陽が昇っちゃったけど、この日は西部の葦エリアへ。
なんだけど遠征最終日は特に何も起こらず終了。
どうも私達は夕方の方が相性がイイみたいだ。

20100728_01さて、今日関東へ帰るんだけど、せっかくだからちょっと観光めいた事したりとか、美味しいものを食べてみようって事に。
Twitter仲間のkatsu92さんに教えて貰った「きりん亭」で美味しいお刺身を食べたり。

20100728_02観光センターででっかいなまはげの像と写真を撮ったり。

して帰途についたのだった。

帰りは東北道が40kmの渋滞とか言うもんだからそれを避けようと磐越→常磐で帰ろうとしたらいつの間にか高速下りて下道走っちゃったり、(`Д´≡`Д´)??
牛タン塩丼食べたり且⊂(゚∀゚*)ウマー
してたもんだから10時間近くかかっちゃったけど、何とか無事帰宅したのでした。

てな感じで今回の八郎潟遠征は終了。
まぁ釣果的には非常にしょぼい結果に終わってしまったんだけど、やっぱり遠征はいろんな事が起こるし、いつもと違う場所で釣り出来るってだけでも面白いし、楽しいもんだよね。

来年は前回みたいに林夫妻と一緒に4人で揃って行きたいな。
でもその前に今年中にリベンジ行くかもだけどね。
(`・ω・´)シャキーン

てな感じで、乱筆乱文意味不明、失礼しました。
寝る。グゥ。

2010年7月27日 (火)

八郎潟遠征~その5~

コムバンワ。
梅雨も明けてひたすらあっとぅいですね。
如何お過ごしですか?

17日、18日、19日と、連休を利用して、毎年恒例の八郎潟遠征に行ってきたよ。
秋田県の八郎潟と言えば北のツレツレ天国。果たしてその恩恵を受ける事が出来るのか?
今日はその八郎潟遠征記の第5回です。ってそんなに書く事有るんだろうか・・・

え~っとどこまで書いたっけ?
そうそう、で、2日目の夕マズメは初日に二人揃って獲った東部承水路の北部の川に入った訳ですよ。

眠くなってきたので今日はココまで。
寝る。グゥ。

ウソ。

20100727_01前日同様川自体は水悪そうだったので、一気に対岸のリップラップエリアへ。
で、撃ち始めるも、暫く全く反応無し。日差しもキツイしまだ時間早いのかなぁ、なんて言いつつ、木陰で一休み。
西部の葦バッカエリアと違って、日差しを避けるトコがあってイイね。
で、暫く休んでから撃ち始めると、ポツポツバイトが出始める。この日もいろんなルヮー投げたけど、やっぱ反応有るのはただ巻き系だったりする。
で、江波戸さんチャリティーオークションの時に落札した、痴虫の“海馬”のちっちゃいやつを投げてると、ハング下でナイスバイト!

20100727_02八郎らしい角ばったバスげっとぉ!
† タックル †
ROD → Restaffine NIMBUS GX2D 5'3"
REEL → Shimano Bantam100
GRIP → Restaffine ALM
LINE → B.P. PE 50lb
LURE → 痴虫 “海馬75”
ヨンニー位のアベレージサイズ。よく引いたよ。
ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

せっかくここまで来たんだから釣らなきゃソン。
ってことでなり振り構わず“海馬75”を投げ続けると、また釣れた!

20100727_03† タックル †
ROD → Restaffine NIMBUS GX2D 5'3"
REEL → Shimano Bantam100
GRIP → Restaffine ALM
LINE → B.P. PE 50lb
LURE → 痴虫 “海馬75”
これもヨンニー位だっけ?八郎のバスはよく引くわ。
♪ヾ(。・ω・。)ノ゙

こうなってくると釣れてないMIKAの機嫌がだんだん悪くなってくる。そして陽も暮れていく。
前日に続いて粘りを見せるMIKA。
時々イイバイト貰うものらない。

しかし昨日も釣れた倒木の脇でやっとかけたぁ!
と思ったらバレたぁ!

ま、今朝釣ってるからイイか。って事で上がる事に。

途中、西部の北の方に入っていたPhaseの竹之内さんと連絡を取ると、バイト1発のみみたい。
しかも一緒に来てて近所の野池回ってた方が車のカギ落としたらしくテンヤワンヤらしい。
竹之内さん達も明日関東に帰るって事で、明日の朝がラスチャンス。せっかくだから合流して一緒に釣りしましょうって言ってくれたのでそうする事に。

そしてこの日は宿の近くの回らないお寿司屋さんで晩御飯を頂く。
秋田の人は家族経営の居酒屋のオヤジも、将棋好きな寿司屋のおやじもよう喋るのう。MIKAもよく喋るから話が止まらん。(´-ω-`)

寿司屋を脱出した我々は翌朝にそなえて早めに寝たのであった。

眠くなってきたので今日はココまで。
寝る。グゥ。

2010年7月25日 (日)

八郎潟遠征~その4~

コムバンワ。
梅雨も明けてひたすらあっとぅいですね。
如何お過ごしですか?

17日、18日、19日と、連休を利用して、毎年恒例の八郎潟遠征に行ってきたよ。
秋田県の八郎潟と言えば北のツレツレ天国。果たしてその恩恵を受ける事が出来るのか?
今日はその八郎潟遠征記の第4回です。ってそんなに書く事有るんだろうか・・・

20100725_01翌朝、八郎潟2日目。私達は3時には起床して、4時半には湖上の人となる。
キレイな朝日です。
入ったのは初日にも入った西部承水路の南の方。先日夕方のエリアとは打って変わって葦、葦、葦ばっか。正確にはガマって言うんだけど。

20100725_02とにかく陽が昇ると暑くてタマランので、ソレまでの短時間勝負。
梅雨明け後の八郎潟はメッチャ暑いって聞いてたけど、言うても北国に来てるハズなのになんでこんなに暑いんだろうか。
でもこの日は若干雲がかかって、幾分過ごし易い。

ここ西部の南エリアで狙うべきとこってのがあって、ソレが1週間前に林夫妻がよく釣れたポイントで、通称「穴」と言う。

t_hayashi81 「穴よ穴!穴にいるから!」
mika1715 「穴にズボッと挿れるのか」
kagochang 「出た!親父節!」

と言う見てた人には判るしょーもないやり取りもありつつ、「穴」を攻めるも全く反応ない。
なんか水もワリィ。(´・ω・`)ショボーン

20100725_03と思ったらMIKA釣ったぁ!
2toneの“ノーチラス”で42cm!
なんかオレより先に2本目釣っとる。
(・ω・`lll)

その後はさっぱり反応なし。
陽も昇って暑くなってきたので8時には終了。
お約束のサンルーラルの隣のお風呂屋さん、ポルダー潟の湯へ。ひとっ風呂浴びて夕方まで寝たのであった。

お昼寝中、連絡入れてくれる釣り仲間も居て情報を集めるが、イイ話は全く無い。同じタイミングで八郎潟に来てる関東の人達もさっぱりダメみたい。
そんな関東の人達の中に、つい最近新作“Drop-D”をリリース。ノリにノッテルPhaseの竹之内さんも八郎潟に来てるってんで連絡取ってみると、やっぱりいま一つみたい。入ってるエリアがうちらと違ったのですが、八郎潟全体が渋郎潟になっちゃったみたい。また連絡取り合ってイイ釣り目指しましょうと検討を祈りつつ、寝た。グゥ。

たっぷり寝るとイイ時間に。
夕マズメはどこに入ろうかって考えたが、やはり前日二人揃って獲れたエリアに入ろうって事に。西日を浴びつつ、一路東部承水路の北部の川を目指したのであった。

眠くなってきたので今日はココまで。
寝る。グゥ。

2010年7月24日 (土)

東北プチ遠征

コムバンワ。
八郎潟遠征~その4~をご期待の皆様。如何お過ごしですか?

今日は林夫さんとプチ遠征してきたので、ハチローレポは一回休み。

20100724_01向かった先は東北地方のとあるダム。
この写真もののけ姫みたいじゃない?ゴミ浮いてるけど。
( ̄□ ̄;)!!
2時半に林夫さん宅を出発して、現地に着いたのは5時頃だっけ?
道中人の運転で爆睡のオイラにはどこをどう行ったのかさっぱりわかりませんが、目が覚めたら最寄のコンビニにいました。
でもって暑い中二人して汗だくになりながらエントリー。
(;´Д`)ハアハア
車から水辺までが遠い・・・。

で、釣りの方は朝方何発かバイト貰うもののフッキングせず。チェイスしてくるバス、ギル、見えバスはかなり多い。でもサイズがちっちゃい。

そうこうしているうちに陽は昇り、ハング下で昼寝。グゥ。

目が覚めると、なんだかダム一面アオコだらけ!
暑いは臭いはでテンションがた落ち。

20100724_02それでも林夫さんがアレでなんとか一本獲ったよ。
せっかく遠くまで来てんだから、もっとバンバン出てガツガツ獲れるとイイんだけど、世の中そんな甘くねぇわな・・・(唐突にBLACKさん風)。

てな感じで、私達のプチ遠征は終了。暫く行かんでヨシ!

明日のこの時間は、
“ついに八郎潟がその目を覚ます!どこまで続く?1キャスト1フィッシュ!”
八郎潟遠征~その4~
をお送りします。(ウソ)

寝る。グゥ。

2010年7月22日 (木)

八郎潟遠征~その3~

コムバンワ。
梅雨も明けてひたすらあっとぅいですね。
如何お過ごしですか?

17日、18日、19日と、連休を利用して、毎年恒例の八郎潟遠征に行ってきたよ。
秋田県の八郎潟と言えば北のツレツレ天国。果たしてその恩恵を受ける事が出来るのか?
今日はその八郎潟遠征記の第3回です。ってそんなに書く事有るんだろうか・・・。

20100722_01という訳で東部の北の方の川。その河口の対岸のリップラップエリアに入る。
キレイな夕日。コレ位の時間になるとやっと過ごしやすくなってくる。
ninnaのWスイッシャー“オルテ”で、何発かのナイスバイトの後、やっと今回の遠征で初バスをゲット。

20100722_02† タックル †
ROD → Restaffine NIMBUS GX2D 5'3"
REEL → Shimano Bantam100
GRIP → Restaffine ALM
LINE → B.P. PE 50lb
LURE → ninna “ORTE”
八郎潟に来る時はライ魚対策でリーダー無し。
このグラサン顔長く見えね?
アベレージよりちょっとでかいヨンゴー。
ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

イロイロやったけど、結局反応あるのはただ巻き系?
って事でMIKAも2toneの“ノーチラス”を投げ続ける。
MIKAは何気にキャストが上手く、狙ったスポットに結構な確率で入れていく。ただ飛距離を調整する事が出来ず、その力加減にベストマッチしたボートポジションを保ち続けなければいけないという船頭泣かせっプリ。

日が暮れてきて暗くなってきたので上がろうかと思ったんだけど、MIKAがやけにヤル気だして、釣るまで上がらん位の勢い。
こんな暗闇で釣ってもつまんないじゃん、とかブツブツ言ってたら、倒木の脇でMIKAも遠征初バスゲット!

20100722_03あぁもうカメラ限界です。ヨンニー位だっけ?
二人とも釣れたので上がって晩御飯を食べる事に。

流石たいした観光地でもない八郎潟。日が暮れると店はみんな閉まって真っ暗。
(´・ω・`)ショボーン
仕方ないので宿の近くの居酒屋みたいなトコで祝杯を上げる事に。
なんでもホテルのすぐ近くに福禄寿って日本酒の醸造所があって、MIKAは一白水成純米吟醸中取り美郷錦仕込みを飲んで喜んでいた。
“一白水成純米吟醸中取り美郷錦仕込み”なんてこの俺が覚えている訳も無く、MIKAのMixi日記からコピペしたのであった。

遠征初日に2人とも釣ってしまうとは、最終日タイムリミットギリギリでやっとMIKAが釣った2年前の八郎潟遠征とはエライ違い。
でも魚の反応からすると、決して調子良い訳では無さそう。明日は一体どうなることやら。
「明日は4時半には浮くぞ」と、何故か気合一杯のMIKA。
もう釣ったんだからイイじゃん。とは言わず、ホテルに戻って早めに就寝したのであった。

眠くなってきたので今日はココまで。
寝る。グゥ。

2010年7月21日 (水)

八郎潟遠征~その2~

コムバンワ。
梅雨も明けてひたすらあっとぅいですね。
如何お過ごしですか?

17日、18日、19日と、連休を利用して、毎年恒例の八郎潟遠征に行ってきたよ。
秋田県の八郎潟と言えば北のツレツレ天国。果たしてその恩恵を受ける事が出来るのか?
今日はその八郎潟遠征記の第2回です。ってそんなに書く事有るんだろうか・・・。

そういえば遠征中ちょくちょくMIKAにツイッターにつぶやいて貰ってたから、オイラ達のフォロワーの皆さんは今回の模様はもうわかってんだよな…。
マイッカ。

16日の夕方にデッパツし、MIKAと運転交代しつつ、ほぼノンストップで一路八郎潟を目指した。
八郎潟までの距離はざっと700km。平均時速100kmで走れば7時間で着くはず。朝マズメに間に合う!

ひたすら東北道を北上する。もちろん途中で何度か給油する必要が有る。そして計画通り錦秋湖SAで給油しようと思ったらなんとガソリンスタンド8時からじゃないとやってない!ガス欠寸前!
しかたなく一旦高速を下りて、街中で給油したのであった。

そんな時間のロスもあって、結局八郎潟に着いたのはすっかり陽も昇った6時過ぎ。しかもメッチャ暑い。
(;´Д`)ハアハア

20100721_02まぁせっかく夜走ってきたんだし、様子見って事で浮いてみる事に。
浮いたのは先週林夫妻がイイ釣りしてた西部承水路の南部。入水ポイントを求めてちょっと彷徨った。八郎潟広過ぎでしょ。
そして呆れるくらい天気良過ぎ。梅雨明け直後の八郎潟は暑いって聞いてたけど、長時間はキケンだなコリャ。

それでもガマの窪みを丁寧に撃って行くと、開始1時間後位に待望のバイトがあった。八郎潟らしいナイスバイトにちょっとテンション上がる。関東ではちょっと味わえないバスらしいバイトがここ八郎潟では味わえるよ。

でもそれっきり。日焼けもしたくないので上がってサンルーラルの隣のお風呂屋さん、ポルダー潟の湯へ。

20100721_03このポルダーってのが何を意味するのかは不明。
んな事は置いといて昼過ぎまで爆睡したのでした。

20100721_04でもって今日の宿、グリーンロイヤル丸富へチェックイン。
したら部屋がレトロ過ぎ。昭和の香りがプンプン。そして狭い…。
夢だけを抱えて上京したアノ頃を思い出す…。

夕方元気イパーイ(・∀・)のオイラ達は、東部の北の方にある川へ向かう。
入水したのは河口付近なんだけど、すでに何組かトップの人が浮いていて、上流から下ってくる。
話を聞くと、みんな揃いも揃って「上流行くほど水悪い」って。それで戻ってきたみたい。そう言えば上流工事してんだっけ。その影響もあるのかな。
なんて思いつつ、当初から川そのものよりも、流れが当たる河口の対岸イイんでない?と思ってたので、早速対岸へ向かう。
承水路と言えども八郎潟は広い。一口に対岸と言ってもちょっと遠い。

対岸のリップラップ絡みのエリアでネチネチ、ジュボジュボ、ポコンポコンやっても一向に反応無い。
バスボートに乗ったメンターの人が話しかけてきて、アルミよりもバスボに乗ってる方がエライとでも勘違いしたかのようなそのタメ口に若干疑問を抱きつつも、「スイッシャーで出てる」という情報をゲットしたので、ninnaのWスイッシャー、“オルテ”を投げる。
何発かの八郎潟らしいナイスバイトの後、やっと獲ったぁ!

眠くなってきたので今日はココまで。
寝る。グゥ。

2010年7月20日 (火)

八郎潟遠征~その1~

コムバンワ。
梅雨も明けてひたすらあっとぅいですね。
如何お過ごしですか?

17日、18日、19日と、連休を利用して、毎年恒例の八郎潟遠征に行ってきたよ。
秋田県の八郎潟と言えば北のツレツレ天国。果たしてその恩恵を受ける事が出来るのか?
今日はその八郎潟遠征記の第1回です。ってそんなに書く事有るんだろうか・・・。

さて毎年恒例と言いつつ、実はまだ1回しか行ってない。
(; ̄ω ̄)ゞ

前回行ったのは2年前。そん時は林夫妻と一緒に4人で行ったんだ。その時は初めてのフィールドってのも有ったのかもしれんけど、とてもじゃないけどツレツレ天国には程遠かったね。
でもって去年はイロイロ有って行く事が出来ず。2人で行った林夫妻のまずまずの釣果を指をくわえて見ていたのさ。

そして今年、林夫妻と4人で行くつもりだったのが、どうにも4人の予定が合わず、仕方なく別々に行く事に。
と言うか、半ばまぁ今年はいっか、とか思ってたんだけど、先に行った林夫妻が釣りまくっているのを見て居ても立ってもいられなくなった。
善は急げって事で、計画し出したのが1週間前。でもって急遽決行した訳さ。

しかしそもそもウチにはボートが無い。まずはそこからなんだけど、竜也君に協力して貰ってボートを手配する事が出来た。ウチの車はワゴンRスティングレーって軽なんだけど、10ftのジョンをカートップしても問題無い。

そして宿の手配。いつも使ってる、と言っても1回だけだけど、トッパーにはお馴染みのサンルーラルを予約しようと思ったら、海の日も絡んでて流石にイッパイ。ちょっと離れてるけど別の宿を予約。これで寝るトコは確保した。

そして17日の朝マズメから入れるように計画して、16日の夜にデッパツしたのであった。

眠くなってきたので今日はココまで。
寝る。グゥ。

2010年7月13日 (火)

通勤電車で読んでる本17

コムバンワ。
70年間飲まず食わずのヨガ星人、あ、聖人知ってる?
でも年取ってるって事は死ぬのであろう?別に得してないと思う。
如何お過ごしですか?

今日も会社帰りにTSUTAYAに行って、何か読むもん無いかなぁって思ったら、伊坂幸太郎の新しいのが文庫本で出てて、ランキング1位とかなってた。
オイラあんまり平積みされてたりランキングに入ってたりってのは手が伸びないんだけど、ここで悩んで他のを探し出すと、ロマンスカーの時間が迫って結局何も買わずに店を出るハメになりそうだったので買ってみた。

20100713_01「砂漠」伊坂幸太郎

“入学した大学で出会った5人の男女。ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決…。共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、それぞれ成長させてゆく。自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて手探りで先へ進もうとする青春時代。二度とない季節の光と闇をパンクロックのビートにのせて描く、爽快感溢れる長編小説。”

青春小説みたい。
もうそんな遠い昔の気持ち覚えてないよ。
(´・ω・`)ショボーン

でも、信憑性は疑問だけど1位になる位だからきっと面白いんで無い?
ランキングと言えば、前にも紹介した百田尚樹の 「永遠のゼロ」がランキングに入ってていっぱい置いてあったな。なんか話題になっとるみたいだね。
百田尚樹と言えば、「ボックス!」ってのが上下巻で出ててこれまた平積みされてた。ボクシングの話みたい。
なんか小説家って人達は色んな事に詳しくて凄いね。たまに間違った解釈しとるみたいだけど。
次は「ボックス!」にしよう。

てな感じで、寝る。グゥ。

2010年7月12日 (月)

アボガド日記20

コムバンワ。
今週末は遠征決定。如何お過ごしですか?

今日はアボガド日記だよ。
まずはいつもようにアボガドスキャン。

20100712_011代目 22cm。
ハイ、変わってないー。って言うか縮んでね?
相変わらず小さな葉っぱが出ては落ち、出ては落ちを繰り返してる。こいつはもう限界なんだろうか・・・。
老兵という言葉がやたら似合う今日この頃であった。

20100712_02そして2代目 88cm。
こっちも変わってない!でも葉っぱは大きくなってるみたい。しかも途中の葉っぱは枯れ落ちて、先端の方の葉っぱだけ残ってそこが成長している。なんだか見た目がみずぼらしい・・・。
でも同じように育ててる人ネットで見ると、結構こんなの多いんだよね。これで健康体なのかな?

それはそうと、今日、正確には昨日なんだけど、メインイベントは3代目の植木鉢への引越し!
ズッケンマンテン、じゃなかった、実験飯店さんがアドバイスしてくれたんだ。

“ここいらで、土に埋めてあげた方が幹が太くなると思います。
幹の根元を太くしないと、おそらく二代目のようになります。”

20100712_03って。そいでオイラは居ても立ってもいられず、コーナン(ホームセンター)に行って、赤玉土と培養土を買ってきたんだ。
早速引越し開始!

20100712_04まずは前回も登場したマグアンプKを使って栄養満天の土を作る。
入れ過ぎは良くないので、ちょっとだけ入れてスコップでシェイクシェイク♪

20100712_05そして買ってきた赤玉土を鉢の4分の1位まで入れる。
水はけが良くなるね。

20100712_06そしてマグアンプKでプロテイン並みにパワーアップしたさっきの土を入れる。
オイラもこんな豊かな土壌に根を張って生きてみたいよ。植物の人生って、人生じゃないかもしれんけど、どんななんだろうな・・・。
( ̄- ̄)フーン

20100712_07気を取り直してアボガドパイルダーオン!
(`・ω・´)シャキーン
なんかいっちょまえに見えるな。
( ̄ー ̄)ニヤリ

そんな3代目は今16cm。今後どんな成長を見せるか楽しみだね。
てな感じで、寝る。グゥ。

2010年7月11日 (日)

黒極者達×相模湖

コムバンワ。
昨日は久しぶりに相模湖に行ってきたでぇ。

と言うのも以前から交流のあるBLACKさんから、遂にBLACK3さんと共に相模湖に行くって連絡貰ったんだ。
コレは行くしか無い!

朝4時、BLACKさん達はまだ到着しておらず、久しぶりの相模湖は静まり返っていた。
って言うかなんか朝の相模湖ハンパねぇ寒ぃ。ハンパねぇ暑いと思ってた俺は短パンから長パンに履き替えてレインウェア着る始末。
もの思いにふけっているとBLACKさん&BLACK3さん到着。
感動の再会&最近の片倉の話なんかしてると、相模湖の番人ゼペットリュウヤ君も起床。
そしてちゃどさんもやってきたでぇ。

BLACKさんとBLACK3さんは朝マズメ狙いで出て行った。
俺は二人を見送ると、しばし寝坊しやがったハンマーさんを待ってマッタリ。
ハンマーさんが来たところで久し振りに相模湖に出船。

20100711_02今日はなんかHip-Hopなノリのハンマーさん。
なんでも最近の相模湖はペンシルの早引きがブレイクしてるらしい。
俺もやってみたけど、ボイル誘発するらしいんだけど飽きっぽい俺には続かない。やっぱピンポイントにブチ込んで“よっしゃぁ!”とか“ナイスキャスト!”とか言いあって小さな幸せ積み上げる方が、充実した時間を過ごせるような気がするなぁ。
しかしまぁ相変わらずの相模湖。チェイスやショボバイトでその気にさせるものの、やっぱり釣れない。

20100711_01BLACKさん&BLACK3さん。
早くも相模湖の空気に冒されて(笑)マッタリモード。
と思ったらBLACK3さん釣ったらしいでぇ。しかもバイトもボチボチ取っているとの事。流石ですねぇ。
ハンマーさんとは初対面だったもんでしばし談笑。

20100711_04これがBLACK3さんの釣った相模湖バス。
流れ込みでWスイッシャーで釣ったらしい。
釣れない湖と聞きつつ、最近の傾向も調べつつ、でも自分達の釣りを押し通して結果出しちゃう辺り、流石の一言です。
BLACK3さんおめでとう!

陽も昇りきってハンパねぇ暑いので反田前ボートに戻って休憩。
今日は反田前の山本さん達のピッキング・パーティー(カントリーミュージックのイベント)もやってたもんで、いつもに増して賑やかだったでぇ。
あやかってバーベキューをご馳走になっちゃいました。カレー美味かったです。ご馳走様でした。

夕方まではBLACKさん&BLACK3さんを囲んで、ちゃどさんやリュウヤ君も一緒にみんなでおしゃべり。
やっぱ人生経験の豊富さから来るものなんでしょうか。BLACKさんの話は思慮深く、その言葉には重みがあるでぇ。

途中昼寝を挟んで、夕マズメ狙いでBLACKさん達と俺達も出船。
BLACKさん達は朝デカバスのチェイスの有った本湖へ。俺達は上流のワンドを攻めてみた。

20100711_05そしてハンマーさんがペンシル早引きでゲット!
アノ釣り方ならデカバス間違い無し!と思ったけど、この際サイズはカンケー無いね。
ハンマーさんおめでとう!

BLACKさん達は狙ったワンドでイイ感じのバイト貰ったみたいだけど、結局夕方は獲れず。陽も落ちたので終了。

てな感じで初の黒極者達相模湖来襲は終了。
BLACKさんは釣れなかったけど相模湖時間を堪能してくれたようでヨカッタな。

BLACKさんはネット上でも活発に動いてるし、最近は知らない人居ないんじゃないかって思うけど、とにかく俺にはおこがましくて何も言えない位のイイ人&立派な方なんで、釣り場で見かけたときは是非声掛けてみて欲しいな。
片倉に通ってれば、かなりの確立で会えると思うでぇ。

てな感じで今日のブログはBLACKさん風でお届けしました。
BLACKさん、BLACK3さん、また来て下さいね。

20100711_03

2010年7月 6日 (火)

アボガド日記19

コムバンワ。
600円かけて霞ヶ関から町田までロマンスカーで帰る。
高いと思いますか?私は缶ジュース感覚です。
如何お過ごしですか?

なんか忙しくってアボガド日記も書けないよ。
みんなからの3代目はどうなったんだと言う矢のようなクレームメールがデスクで居眠り中のオイラを目覚めさせるるんだ。(ウソ)

20100706_01 なのでとりあえず写真載せておくネ。
ホラ。もうこんなに芽が伸びてるよ。ここまでくれば後は伸びるのを待つばかりでしょう。芽が出ない種もあるみたいだからね。
ここまでの成長具合からして、きっとこの子は割りとゆっくり、でも真っ直ぐに伸びていく事でしょう。
この段階でその後の成長具合を予測する。コレがアボガドマスターというものだよ。
思えば1代目は横に横に伸びていくアウトローだったなぁ・・・。

てな訳で今日は3代目だけだけどアボガド日記をお送りしました。
寝る。グゥ。

2010年7月 4日 (日)

2010.07.04

コムバンワ。
ブログのタイトルが思いつかん時は日付にしてしまう。
如何お過ごしですか?

なんか知らんけど忙しくって、この週末は2日とも仕事してました。今年の抱負は「仕事しない」なのに、こんな事でイイんでしょうか。

まわりのみんなが次々と毎年恒例のハチロー遠征に行っている。
今週は林夫妻も旅立つ予定だね。ホントは一緒に行くはずだったんだけど、予定が合わなくって一緒にはいけなくなっちゃったんだ。
つーかそもそもオイラ休めるのかって感じですが。

ハチローは年々渋くなってる感は否めないけど、やっぱり遠征は楽しいよね。
BLACKさんも初めて行ったハチローでイイ釣りしてきてるし、こりゃ無理やり休んで行くしかないかな。
んな事言ってるオイラもまだ1回しか行った事無いんだけどね。大体広すぎてよくわからん。
ハチローって、干拓される前は日本で2番目に広い湖だったんだぜ。知ってた?
ハチローを地図で見て、なんでこんなけったいな形してんの?と思ったアナタ!アレは干拓された姿なんです。

とまぁ広すぎるもんで、事前の情報が物を言う。先に行ったみんなの情報を聞いて、後からアタリを付けて行くってのがイイかもね。

まぁ釣りもしたいけど、単純にどっか行ってゆつくりしたいヨ。
寝る。グゥ。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »