« もんじぇ祭り | トップページ | アボガド日記24 »

2010年8月26日 (木)

通勤電車で読んでる本21

コムバンワ。
いつになったら涼しくなるんすかねぇ。
朝オレが乗る小田Qは、電車の進行方向右側から強烈に日差しが注ぐ。
でもって最近の電車、と言っても小田Qだけかもしれんけど、ガラスがUVカットとか言って新しくなってんだけど、窓の上から下ろすカーテンが付いてない。だから日が当たるサイドに居ると強烈に暑い。
席が空いてラッキー♪とか言って座ったのが日が当たるサイドだったりすると、都内に至る頃には半ば熱中症状態だったりしてかなりキケン。
オレはアーユルヴェーダ的に言うとドーシャが炎のピッタ型らしく、暑いとダメらしい。
如何お過ごしですか?

20100826_01

で、最近読んでる、と言うか読み終わっちゃったんだけどコチラ。

「ブラックペアン」上下 海堂 尊

“一九八八年、世はバブル景気の頂点。「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学総合外科学教室に、帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、新兵器を手みやげに送り込まれてきた。「スナイプAZ1988」を使えば、困難な食道癌の手術が簡単に行えるという。腕は立つが曲者の外科医・渡海が、この挑戦を受けて立つ。「チーム・バチスタの栄光」へと続く、原点。”

病院が舞台ってのも初めてだな。
ナンカよくワカナイ医学用語がイパーイ出てきたよ。
?チンプン?ヽ(゚◇。)ノ?カンプン?
これ書いてる人現役のお医者さんらしいよ。って言うかコレ、オレでも名前は聞いたことがある「チームバチスタの栄光」の、後に出たけど原点にあたる話らしい。どうりでいま一つ入り込めない訳だ。
「バチスタ」読んでたら、きっと登場人物とかにも馴染みがあって面白いのかもね。
と言ってもつまんなかった訳でなく、外科の事なんて
?チンプン?ヽ(゚◇。)ノ?カンプン?
なオレでもそれなりに楽しめる話でした。
でもオレ映像で見るのはそうでもないけど、文章でメスが人の体切って内臓が、とか書いてあるとなんかゾクっとして気持ち悪くなる。「バチスタ」は面白そうだけど読まないかな。
だからってそんなスプラッターなシーンが多い訳じゃないよ。

しかし上下巻に分かれてるけどそれぞれが超薄いんですけど?表紙並べて遊びたかったのかな?

とまぁそんな感じで、なんか知らんけどTSUTAYAの平積みほぼ網羅してる昨今。
何気にミーハー?寝る。グゥ。

« もんじぇ祭り | トップページ | アボガド日記24 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車で読んでる本21:

« もんじぇ祭り | トップページ | アボガド日記24 »