« たまには食える魚釣ってこいよ | トップページ | 血から抜いて釣れ »

2010年10月20日 (水)

通勤電車で読んでる本29

コムバンワ。
今週はなんか疲れて長く感じるなぁと思ったら日曜の夜遅くまで遊んだからだった。
如何お過ごしですか?

通勤電車ではまず座れないので眠れない。だから会社で寝る。電車で眠れないから本を読む。という訳で本ネタ。

20101020_01「白夜行」東野圭吾

“19年前(1973年)、大阪で起きた質屋殺し。何人もの容疑者が捜査線上に浮かぶが、決定的な証拠がないまま事件は迷宮入りに。被害者の息子・桐原亮司と容疑者の娘・西本雪穂は、その後別々の人生を歩んでいくかに見えた。だが、二人の周囲には不可解な凶悪犯罪が次々と起きる…。人の心を失った故の悲劇を、叙事詩的スケールで描いている。”

これはねぇ、この前ヒサシさんが貸してくれたんだ。そして東野ファンの間では有名だけど、この後に「幻夜」ってのが、公式に続編って訳ではないけど、続きがあって、それも一緒に貸してくれたんだ。
しかしこの「白夜行」も次の「幻夜」もなんだけど、とにかくツラの皮じゃなくて本がブ厚い。2冊で1650ページ!持って読んでるととっても疲れるんだ。京極夏彦もバカみたいにブ厚い文庫本があるけど、なんで上下にしないんだろうか?

ま、そんな事はおいといて、ブ厚さを感じさせない話の展開で、まだ最初の方しか読んでないんだけど、一気に読みたくなる面白さ。通勤時間だけじゃ足りないな。

なんでもこの「白夜行」ってのはドラマにもなったらしい。もう随分前みたいだけど。
しばらくはコレ読み終わらなそうなので、次の本ネタはいつになる事やら・・・。

てな感じで、寝る。グゥ。

« たまには食える魚釣ってこいよ | トップページ | 血から抜いて釣れ »

コメント

幻夜って読んでないや。
こんど、よんでみよ!

前夜祭はあたしもどこでやるかわかんないから
わかったら連絡するね!

シロミさん>
コムニチハ。
「幻夜」もブ厚いでぇ。

前夜祭はたぶん相方だけ参加でないかな。

相方だけで前夜祭、参加するとしたら、
送り迎えしてくれるってこと?
だって、お酒飲むでしょ?

シロミさん>
送り迎えだと?
場所によるな。

いやいや、あたしの送り迎えじゃなくて、
MIKAちゃんの!

シロミさん>
わかっとるがな。
当日の予定次第。
申し込みすれば前夜祭の事を教えてくれるシステムなのかな?
何分私コミュに参加してないもんで、MIKA任せなんですわ。

何はともあれ当日お会いしましょう。

あとMIKAに俺の連絡先聞いてもらっていいから。
何かあれば。

デハ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車で読んでる本29:

« たまには食える魚釣ってこいよ | トップページ | 血から抜いて釣れ »