フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

通勤電車で読んでる本33

20101130_01「悼む人」天童 荒太

週刊誌記者・蒔野が北海道で出会った坂築静人(さかつき・しずと)は、新聞の死亡記事を見て、亡くなった人を亡くなった場所で「悼む」ために、全国を放浪している男だった。
人を信じることが出来ない蒔野は、静人の化けの皮を剥(は)ごうと、彼の身辺を調べ始める。
やがて静人は、夫殺しの罪を償い出所したばかりの奈義倖世と出会い、2人は行動を共にする。
その頃、静人の母・巡子は末期癌を患い、静人の妹・美汐は別れた恋人の子供を身籠っていた――。

怖い彫刻の表紙からはさっぱり内容が想像できなかった。そもそも「悼む(いたむ)」って何て読むの?って感じだったんだけど。

生きる事と死ぬ事を真面目に考えさせられる感動作品だった。

主人公は亡くなった人を忘れない為に、死者を悼む旅を続ける。全く自分に関わりの無いでも、死者の居た場所を尋ねて、訳隔てなく悼む。
人はどう死ぬかより、どう生きたかが大切なんだと。人の死の重さに差は無いと。そんな作者のメッセージが伝わってくる。

でも人は忘れる事で前に進む事が出来る。悲しみを忘れる事が出来るから、新しい喜びを求めて生きる事が出来る。と思う。
「忘れる」事は人に与えられた素晴らしい機能の一つだろう。

「誰に愛され、誰を愛し、誰に感謝されたか」
主人公は、どんな死に方をした人でも、それにあてはまる点を持っていると言い、それを胸に死者を悼み、いつまでも忘れまいとする。
でも死者の事を忘れるなというのではなく、誰かに愛され、誰かを愛し、誰かに感謝されて生きよと、そんな風に感じた。

読んだときの年齢によって、この話の捉え方は変わると思う。
身近な人の一周忌が近く、今のこの年齢で読めた事はよかったと思う。
また何年か後に読んだら、捉え方も大きくは変わらないだろうけど、違った感じを受けるかもしれない。

そんな風に、何年か経ったらまた読もうかな、と思わせる話だった。

2010年11月28日 (日)

53 PICK UP 秋の陣

53up

コムバンワ。
秋の行楽日和が続きますなぁ。如何お過ごしですか?

今日はねぇ、楽しみにしていた53UPに参加してきたよ。
普段Twitterを通じて交流のあるみんなとも会えてヨカッタヨカッタ。

20101128_01今回も沢山のステキな協賛品が。(・ω・)bグッ.
今回はウチのお店からも協賛品を提供させて貰ったんだ。オンラインストアでも扱っているコーヒースターターキットだよ。
朝はみんなにドリップバッグのサンプルを配らせて貰った。宣伝しちゃってスイマセン。

20101128_02今日は釣り大会は無いので、受付後はみんなでゴミ拾い。
53UPって何?というアナタの為に書くと、普段釣りさせて貰っている新利根川の土手をみんなでキレイにしようっていう立派な社会奉仕活動なんだぜ。そのお陰のみって訳じゃ無いと思うけど、昔に比べて結構キレイになって、拾えるゴミも減ってきたと思う。
と言っても参加してるみんなは心から楽しんでるけどね。

20101128_03ゴミ拾いの後はキャスティング大会。
的に向けてキャストして点数を競う。水の上では結構な精度を誇るみんなのキャスティングも、このシチュエーションにヒサシ君のあおりも手伝ってなかなか当たらないんだな。

一緒に来てたみんなだけだけどキャスティングの様子を動画に撮ってみた。デジカメだから画像悪い。おまけにそんなに動画撮ったりしてないから、4回投げてんだけど全部撮れてない。でも自分が投げるトコって普段見れないからみんな見たいでしょ?なので初めてYou Tubeなるものにアップしてみたよ。
自分が投げるトコも撮って貰えば良かった・・・。

20101128_05キャスティング大会の後はみんなでお昼ご飯。
今日も定番のモツ煮定食いっといた。
そしてキャスティング大会の表彰式へ。優勝はハバちゃんだったよ。

20101128_04ハバちゃんはなんとウチが提供したコーヒースターターキットをチョイスしてくれたよ。ハバちゃんありがとう。
ヽ(。・ω・)ノ゛
←似てる。

スターターキットは二つ提供させて貰ったんだけど、もう一個はガウラクラフトの青芳さんが貰ってくれた。
青芳さんありがとう!ヽ(。・ω・)ノ゛

20101128_06内輪のみんながキャスティング大会で0点連発する中、俺は何気に13点だか15点だかそれ位取って賞品ゲット。
青芳さんがウチの協賛品貰ってくれたので、俺はガウラクラフトのルヮー頂いてきたよ。
ストレンジランドのルヮーはMIKAがゲットった。

てな感じで今回の53UPもとっても楽しかったよ。
司会のヒサシ君はいつも大変だと思うけど、みんな感謝してるし、協力は惜しまない。
この中から老衰で死者が出るまでガムバッテ!
次回の春の陣が今から楽しみだね。(・ω・)bグッ.

2010年11月23日 (火)

アボガド日記29

コムニチハ。
北朝鮮やりたいホーダイだな。なにが目的なのかまだわからんみたいだけど。
アジアには憎しみが溢れているよ。

でも俺にはそんな殺伐とした現実を忘れさせてくれて、優しい気持ちを思い出させてくれる存在がある。
そう、アボガド。
嫁とか言うと思った?ハッハーンだ ( ̄∀ ̄夫)

20101123_01_2今日はねぇ、お休みだし天気がよかったからベランダに出してあげたんだ。そろそろ寒くなってくるから、ずっと出しておくのはちょっとかわいそうだね。
こちらは一代目。相変わらず成長してないな。でも枯れてないんだよね。

20101123_02なんと幹の途中から青々とした芽が出てきている!しかも2箇所も!
ひょっとしてこれから奇跡の復活を遂げるのだろうか?まだまだ俺はくたばっちゃいねぇぜと言っている様だ。
この冬越えたらもう3回も越冬している事になる。ガムバレ1代目。

20101123_03こちらは2代目。
背が高いからベランダに出すのも大変。こんだけ頭でっかちでよく倒れないよなぁ。
でも外に出して風が吹くとちょっと心配。(´・ω・`)
2代目はこんだけ背高いならもっと幹が太くなって欲しいんだけどなぁ。幹を太くするのは最初の育て方が大事みたいで。言わばコレも失敗なのか??
網戸の向こうの電子レンジに生活感漂ってるな・・・。最近アボガドの周りに凄い小さい虫が飛んでて、それが時々部屋の中を飛び回るのがちょっと気になるんですけど。

20101123_04こちらは3代目だよ。
お外に出すとなんだかのびのびしてるな。うちの部屋2階なんだけど、下の庭から伸びてる木が紅葉しててキレイ。コレはなんて言う木なのかな?となりのアパートが去年位に改築してちょっと日当たりが悪くなっちゃったんだよねぇ。

20101123_053代目の先っぽの方。まだまだ新しい芽が出てきているよ。まだまだ俺はこんなもんじゃねぇと言っている様だ。
寒くなってきたのにみんなガムバルなぁ。俺も見習わなきゃ。

としまえんでは水を替えたら魚が沢山死んじゃったみたいで、やっぱ生き物の管理って大変だね。俺にはアボガドくらいがちょうどイイよ。

北朝鮮の連中もアボガド育てたらイイんでない?
あんな不毛な土地じゃ育たないか。ハッハーンだ ( ̄∀ ̄北)

2010年11月22日 (月)

淡路島からのお歳暮

コムバンワ。
淡路島のゲドダイさんがお歳暮を送ってくれたよ。

20101122_01_2なんだかいっぱい入ってる!
何が入っていたかと申しマスト。

  • ・ポテトチップスのりしお~瀬戸内海産青のり使用
  • ・ポテトチップス九州しょうゆ~鹿児島県産地鶏使用 コクのある鶏だししょうゆ
  • ・ポテトチップス関西だしじょうゆ~ふんわりかつおと昆布のまろやかさ かつおの一番だし使用
  • ・たこせんべいの里
  • ・淡路玉ねぎらーめん
  • ・本格手延べめん 淡路島ぬーどる
  • ・パルシェオリジナルお風呂用ハーブ「活力」~ふれあいの祭典全県イベント商品 淡路市ふるさと交流協会
  • ・消臭・芳香のお香 花かおり さくら
  • ・神戸鉄人ソース
  • ・日本古来の名水 矛のしづく~夫婦のふるさと淡路島

うわぁ。盛りだくさんだぁ。(°∀°)ウヒョー
ゲドダイさん有難う。秋場所は残念だったけど、春場所でお会いしましょうね。
その時は淡路島の野池案内して下さい。

2010年11月21日 (日)

紅葉ダム→激渋ウミ

コムニチハ。
なんだかちょっと間が空いてしまった。今週は睡眠強化週間と題し、晩御飯食べたらすぐ寝る日々を過ごしていたからな。
如何お過ごしですか?

20101121_01土曜日はいつもの林夫さんと、へそGさんも一緒に、少しずつ紅葉し始めたダムに行ってきたよ。
紅葉はキレイだけど水はメッチャ濁ってる。

20101121_02結局林夫さんがおろしたての“ツイールトール”で一本ばらして終了。
何年か振りに行ったダムだけに、ちょっと期待してたんだけどなぁ・・・。
(´・ω・`)ショボーン

20101121_03そんなオイラのハートを癒してくれるのはきっと海にいる筈!
ってんで、日曜日はハンマーさんとike-pさんと一緒に鱸釣りに行ってきた。ホントはへそGさんも来る筈だったけど寝坊。

20101121_04普段バスで味わってるハートブレイクを癒してくれなきゃ鱸やる意味ないんだけど、なんか渋い。そして風つおい。波高い。
ike-pさんがナイスサイズ釣ったけど、他はアタリらしいアタリも無く、鱸のくせに生意気。
オイラ昼から用事で上がっちゃったんだけど、二人は釣れたのかなぁ?

てな感じで、真水のバスにも塩水のバスにも嫌われた模様。
このままじゃ年が越せないので、少なくとも真水のバスは年内にあと一本は獲ったる。コレホント。

寝る。グゥ。

2010年11月14日 (日)

第5回オレンジカップin相模湖 2位!

と言っても全員ノーバイトでキャスティング大会で決まったんだけどね。

20101114_01_3 そんな訳で今日は「第5回オレンジカップin相模湖」に参加してきた。関西の方からも沢山の人が参加してたよ。
参加費5千円でボート代込みで参加賞でオレンジフィールドのルヮーが貰えて、おまけにお昼ご飯まで頂けると言う、相変わらずの大盤振る舞い。
羽山さんありがとう!(・ω・)bグッ
久しぶりにおざっきぃさんやジミーさんに会えた。それにこれまた超久しぶりのまさにぃも。まさかこんなトコで合えるとは思わずビックリ。オイラの中の最新情報ではハートブレイク中って話だった。うつむいてるけど元気そうだったよ。

20101114_06参加賞でルヮーが貰えちゃう。
オイラはこのグリーディを貰っちゃった。
( ̄▽ ̄)V 凄くね?

20101114_02_3今日は元来オレンジフィールド好きな相方が忙しくて参加できず一人で参加。だったので同船して頂く方は行き当たりばったり。
まさにぃの友達の鈴木さんに、長谷川さんと同船させて頂いた。長谷川さんは偶然にもTwitterでフォローし合う中だった。
言うても時々は相模湖に来てる自分としては、なんとか二人に釣って貰う、まではいかんでも、何かしら反応を取って欲しい。帰着10時半と、時間も限られてるので青田ワンドに賭ける事にして、一気に向かう。

20101114_03そんな思いも虚しく、冒頭にも書いたように参加者全員ノーバイトという相変わらずの相模湖であった。
少し紅葉しときゃいいとか思ってんのか?

20101114_04誰も魚の反応無かったので、キャスティング大会を開催。
それでなんと私同率1位に。
そしてじゃんけんで2位になってしまった。
ヽ(・∀・)ノ ワーイ

20101114_052位の賞品でオレンジボム(かな?)のペラ2枚バージョン(2位だから銀色)を貰ってしまった。
コレはイイですねぇ。俺もオレンジフィールドもっと使わんと。

キャスティング大会の後は焼肉「纏」のマスターがカレーを届けてくれて、みんなでお昼ご飯。
お茶にうまい棒まで頂いた。マスター有難う。釣りばっかしてちゃダメだよ。

お昼ごはんの後はじゃんけん大会。
オイラはザウルスのスマートアレックをゲットったよ。

20101114_07おまけにカナロアの14KCDオリカラを格安で販売していたので買ってきた。
コレは相方じゃなくてオイラが使う。

20101114_08なんだかんだでこんなに一杯貰ったりナンダリしちゃった。いつもながら大盤振る舞いのオレンジカップ。
ホントにユーザーさんに感謝の意を表したいっていう純粋な気持ちだけで開催してるようで、とっても気持ちの良いイベントだと思う。また関東の方で開催される事が有ったら必ず参加しよう。羽山さんに、おざっきぃさんやジミーさんはじめスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

20101114_09そしてまたこれから読む本が増えた。
シロミが貸してくれたコレは天童荒太の「悼む人」と「静人日記」。
表紙が超怖ぇ。写真撮ろうとしたら、表紙の人形にスマイルフォーカスが当たってちょっと笑った。
なんでもある評論家が生涯読んできた本で1番良かったと言ってたらしい、感動作品みたいなんだけど。でもこの表紙本屋で手に取れねぇよ。

20101114_10でも今日一番の収穫はコレだな。
吉田君ムニュムニュマスコット。(・ω・)bグッ
シロミ、アンタはイイ奴だ。

2010年11月12日 (金)

日曜日はオレンジカップin相模湖

コムバンワ。
アジア太平洋地域21ヵ国の要人が多数出席するAPEC。週末は大規模な交通規制がある模様。

2010年日本APEC首脳会議の開催に伴う交通規制のお知らせ(PDF)

そんな中でも数々の検問を掻い潜ってアクアラインを渡らんとする同志達よ、如何お過ごしかな?

20101112_01だからって訳ではないけど、日曜日は逆方向の相模湖へ行き、第5回オレンジカップに参加の予定だ。
オレンジカップって何?というアナタ!ルアーブランド、オレンジフィールズ主催の大会だ。
いつも関西の方で開催されるけど、たまにコッチの方でもやる。今回の舞台はなんと相模湖なんだ。ちなみに前回は津久井湖。そして何故かシロミが一年で一番張り切る。
普段会えない西の方のみんなに会うのは楽しみだ。そして何故か気前がイイ。参加賞でオレンジフィールズのルヮーが貰える♪しかもお弁当付き。

前回の津久井湖は冷たい雨だったけど、今回は大丈夫かしら?
って言うかうちにあるオレンジフィールズのルヮーみんな相方のやつなんだけど、ま、いっか。全部持ってこ。

しかしまぁ、11月の相模湖って言やぁそりゃもう厳しいからな。
地元民の(釣れないフィールドに対する精神的な)強さ見せつけちゃる!

2010年11月11日 (木)

通勤電車で読んでる本32

コムバンワ。
アペック祭り盛り上がってますね。如何お過ごしですか?

まさかの本ネタ2連発。だってネタないんだもん。
(●´3`●)フン♪フン♪フフ~ン♪

20101111_01

「北の狩人」 大沢 在昌

“新宿に北の国から謎の男が現れる。獣のような野性的な肉体は、特別な訓練を積んだことを物語っていた。男は歌舞伎町で十年以上も前に潰れた暴力団のことを聞き回る。一体何を企んでいるというのか。不穏な気配を感じた新宿署の刑事・佐江は、その男をマークするのだが…。”

”ついに、北の国から来た男の正体と目的が分かった。その瞬間、新宿署の刑事だけでなく暴力団の幹部までもが息を呑んだ。「あの時の…」彼は十二年前に葬られた、ある出来事の関係者だったのだ。過去の秘密が次々に明かされていく。やがて彼は「獲物」を仕とめようと最後の賭けに出る。だがそこには予想だにしていない悲しい結末が待っていた。 ”

この本はねぇ、秋の遠足に行った時にヒサシ君が貸してくれたんだ。
ヒサシ君はいつも面白い本を薦めてくれるんだ。読んでみるとみんな面白い。
外した事ないんだ。(・ω・)bグッ

またまた上下巻ものを呼んでいる。最近長編づいてるな。
通勤電車で本読み始めた頃は長い話が嫌で、短編集とか読んでたんだけど、やっぱ読み応えのある長編はイイですな。

この話は新宿の暴力団の世界を舞台にしている。極道物って映画でも見た事無くてさっぱりなんだけど、自分でもなじみのある新宿が舞台で、実際の建物の名前とか交差点とか通りの名前なんかも出てきて楽しい。
まだ上巻を読み終えたところなんだけど、かなり一気読みできる。
主人公がハチローでお馴染みの秋田県出身。マタギのおじいちゃんに育てられたというなんだかヒーロー物アニメみたいな設定なんだけど、この主人公がなかなかイイ味出してる。周りのヤクザや新宿署の刑事、それに主人公に惹かれるキャッチのバイトしてるような女子高生も、みんなイイ味だしてんだよなぁ。

著者の大沢在昌の作品をみると、「砂の狩人」とか、「黒の狩人」とか、狩人シリーズがあるみたい。
ちなみに「砂の狩人」はヒサシ君が一緒に貸してくれたから、「北の狩人」の次は「砂の狩人」だな。

「北の狩人」は主人公が東北出身だったけど、「砂の狩人」は?
鳥取?( ̄◇ ̄;)?

てな感じで、寝る。グゥ。

2010年11月 9日 (火)

通勤電車で読んでる本31

20101109_01コムバンワ。
首都圏限界体制ですな。
会社の近くにロシア大使館が有るんだけど、ここ数日2月7日を思わせる警官隊の数。ロシア大使館とアジア大西洋経済協力が関係有るんだろうか?
如何お過ごしですか?

「白夜行」「幻夜」と大作が2冊も続いたので、ちょっと息抜きって感じで、並みの小説を読んでみる。

20101109_02「REVERSE―リバース 」石田 衣良

“どうして、わたしたちってこんなふうに話があうのかな―。千晶と秀紀は、ネット上で深く心を通わせるようになる。ただ、千晶はアキヒトとして、秀紀はキリコとして、互いに性別を偽ったまま・・・。年齢や性別といった現実な枠を取り払ったところに生まれる関係を鮮やかに描き出す、全く新しい恋愛小説。”

ネット上で性を偽るか・・・。考えた事もなかった。

まだネットなんて無かった頃から生きている私は(年寄り臭っ)、ネットは知り合いとの連絡手段という感覚から抜け出る事が出来ない。だからmix○の事はずっと出会い系サイトとだと思って近寄らなかったし、今でもネット上で継続して繋がってるのは顔も名前も知ってる人だけ。
物心付いた頃からネットが普及している人達にとっては、ネットを半分も楽しんでいないと言われそうだ。

そんな感じだもんで、ネット上で別の人格を形成するような事は考えられない。と言うか、そんな事考えるの日本人だけらしい。アメリカとかではSNSでも本名で登録して、仕事や友人関係に繋げようってするらしい。言わばリアルありきな訳で、道具としてネットを利用する。
その道具に依存しちゃうのが日本人。「ネット依存症」「携帯依存症」なんて言葉も日本にしか無いんじゃないだろうか。

なんか話が横道に逸れた感が有るが、石田衣良は気取り過ぎない有りそうな話で面白いね。
主人公もあんまかっこよくないありがちな感じがグッド。
この話は元々ネット小説みたいな形で発表されたのかな?普通の小説っぽくない書き方で、スラスラ読めて良かったよ。息抜きにはもってこいだった。

てな感じで、寝る。グゥ。

2010年11月 7日 (日)

ひさびさ50UPリバー

コムバンワ。
秋晴れが続いてイイ感じの行楽日和が続きます。今日この頃、如何お過ごしですか?

20101107_01今日は林夫さんと、久しぶりな50UPリバー行ってきたよ。
ここは先日林妻さんが49cm釣ったところなんだ。
なので今日は林妻さんを見習って、ルアーラインナップはライブリー多め。そして“基本ただ巻きノーアクション、たまに止める”メソッドで攻めてみた。(ウソ)

しかしまぁ言うても11月の川なんで、厳しかったなぁ。お会いした地元のアングラーによると、先週始めに大雨が降って、なんでも水位が10m上がって決壊寸前だったとか。魚みんな流されちゃったんでない?てな話だった。
でも朝一は意外に雷魚のバイトが多かった。

20101107_02そして林夫さんお約束の雷魚。
この雷魚がガリガリに痩せた、見るからに幸薄そうな雷魚で、殆ど引かず。
エサが無いんだろうか?大雨でエサが流れちゃったのかな?でもコイツは流されなかったのか?流れに耐えて体力を使い果たして疲労困憊中なのか?
って言うか林夫さんデカイ。

20101107_03あとはまぁ撃てど暮らせどバイトも無く。
寒くなってきたのでガスストーブ今シーズン初投入。お湯を沸かして美味しいコーヒーを飲んだりする。

野外でも美味しいコーヒーが楽しめる、コーヒードリップバッグのお求めは自家焙煎コーヒー専門店 COULANEまで。

てな感じで、今年はもう川は終わりかなぁ…。
寝る。グゥ。

2010年11月 6日 (土)

アボガド日記28

コムニチハ。

白いご飯の上にアジフライが一個ペロっと乗ってるだけのお弁当と、白いご飯と赤いご飯(ケチャップライス具なし)が半分ずつ入ってるお弁当、アナタならどっち?

昨日は10年ぶりくらいでカラヲケ行ってきたよ。
オサレな六本木の夜。しかし金曜の夜だというのに人少な。最初に行った居酒屋もガラガラだった。
大丈夫か六本木。
一回り以上年の違う子とカラヲケするとは思わんかったが楽しかった。コレもとある呟きから始まったんだけどね。
俺も昔はカラヲケキングと呼ばれていたが、レパートリーが10年前から変わってないんだな。
(´・ω・`)ショボーン
イエモンとか福山とかヒデとか、ヒデとか福山とかイエモンとか。
相方はUAとかCocco歌ってたな。二人とも古い・・・。
ちょっと新しい曲を覚えてまた行かんとダメだな。

まぁそんな事は置いといて、天気がイイのに家でのんびりしてる日はアボガド日記でも書く。

20101106_01まずはそろそろ人々の記憶から忘れ去られようとしている1代目。
22cm。
おぉ、年取って縮み始めたか?
もう復活する事は無いんだろうか・・・。とりあえず置いとこ。

20101106_02そして2代目。
105cm。
変わってない。と言うかもう上には伸びなくてイイ。
なんだか葉っぱがしんなりしてるけど、コレはその日の気分で広がったりしんなりしたりする。幹がもっと太くなってくれるとイイんだけどなぁ・・・。

20101106_03そして3代目。
70cm!
ついに70UP。見た目も美しいなぁ。
・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
先っぽの方も新しい葉が出てきてるよ。そろそろ新しい植木鉢に植え替えてあげた方が良さそうだね。大きい植木鉢買ってこなくちゃ。

この前静岡の「ポアブラン」さんに行った時に、お店の中に沢山多肉植物があってステキだったんだ。
会社のデスクにサボテンが二つ居るんだけど、多肉もイロイロ育ててみようかしら。
あと名古屋城に飾ってあった菊がまたステキで。なんか盆栽みたいになってるやつとか、「千輪咲き」って言って1本の菊から出た沢山の花をまあるくなるように並べて咲かせたりとか。
やっぱ年取ると植物に興味が沸くんだろうか。

てな感じで、明日は釣りに行こうかな。

2010年11月 4日 (木)

通勤電車で読んでる本30

コムバンワ。
街行く人の装いもだんだん冬めいてまいりました今日この頃、如何お過ごしですか?

東野圭吾の大作「白夜行」を一気に読み終えた勢いで続編と言われるコチラを読み中。

20101104_01「幻夜」東野圭吾

“父の通夜の翌朝に起きた大地震後に、借金返済を強いていた伯父を殺害してしまう水原雅也。ふと気付くと、そばには見知らぬ女が…。「新海美冬」と名乗る彼女に犯行を見られたのか雅也には確信が持てない。やがて、震災が取り持つ奇妙な縁で、美冬と雅也は、まるで共存するように助け合いながら生きて行く事になるのだった。 震災後、二人は東京へと震災を忘れるかの様に希望を抱き上京する。しかし彼らの行く先々で事件と陰謀が蠢いて行くのであった。やがて、ひとりの刑事が、奇妙な偶然に気付き…。”

「白夜行」も面白かったけど、この「幻夜」も面白いなぁ。「白夜行」に負けず劣らず全780ページ!
「白夜行」と違うのは、主人公達の心理描写が中心になっているところか。
得体が知れず、冷酷な犯罪者という印象を受ける「白夜行」の亮司と違って、雅也はいたって普通の弱い人間なだけに、共感を得る部分も多い。俺的には雪穂と亮司のコンビ方が好きだけどね。

「幻夜」読むなら、絶対「白夜行」呼んでからの方がイイよ。でも一説ではその前に「風と共に去りぬ」を呼んだ方がイイらしい。俺は読んだ事ないや。

なんでもこの「幻夜」は近々ドラマになるらしいよ。美冬を演じるのは深田恭子で雅也が塚本高史だって。
この話まともにドラマにしようとしたら大河ドラマもんじゃね?

てな感じで最近通勤時間が足りないよぅ。
<( ̄口 ̄||)>!!!<(|| ̄口 ̄)>

寝る。グゥ。

2010年11月 3日 (水)

なりゆき2泊3日旅行

コムニチハ。
台風が去って、強烈な濁りと爽やかな天気が続く昨今、如何お過ごしですか?

20101103_01神戸みなも会秋場所に参加するつもりで11月2・3日とお休みを取っていたものの、台風直撃でイベントが中止となり、心も予定もぽっかり穴が空いたnuno家は、なりゆきで旅行に行く事に。
静岡・名古屋に相方の友達がやってるお店があったり、コーヒー屋で使ってる焙煎機と同じ物を使っているカフェがあったりするので、その辺を回りつつ、適当に観光地を回ってみようという無計画な感じで出発したのであった。

20101103_02まずは静岡へ向かい、静岡駅の近くで相方の友達がやってる服屋「ポアブラン」さんへ。なんか丁度店の前の通りがお祭りやってた。
この日は「焼津グランドホテル」という海沿いのホテルに宿泊。海沿いだけどオイラ達の部屋は裏山ビュー。
(´・ω・`)
温泉に入ったり、美味しい魚料理を頂いたりして初日終了。

20101103_032日目の朝はホテルから見る駿河湾がとってもキレイだった。
焼津から出向して行く沢山の船がシラス漁船だと聞き、今日は生シラス丼を食べようと心に誓う。

20101103_10 この前までお台場に置いてあった等身大ガンダムが静岡に来ているという事で、等身大マニアのオイラとしては見ておかない訳には行かないので見てきた。
でもやっぱ鉄人28号の方がかっこいいな。
( ̄- ̄)

その後静岡市内にある「鳥仙珈琲」さんへ。ここはうちと同じ焙煎機を使って豆売りをしているお店なんだ。
が、辿り着いたら休みだった。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

気を取り直して近くの漁港、用宗港へ。もちろん生シラス丼を食す為。
しかし港近くに良くあるお食事出してくれるようなお店は軒並み14時終了でお店が空いてない。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

気を取り直して焼津さかなセンターへ。もちろん生シラス丼を食す為。
やっとメニューに生シラス丼があるお店を見つけたと思ったら、生シラスは時期的に今は出してないだと。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

時間も時間なので第二の目的地名古屋へ向かう事に。
名古屋と言えば、つい先日まで生物多様性条約第10回締約国会議(通称COP10)が開かれていたところ。だからと言って特に意味は無い。

名古屋の宿は「ハミルトンホテルレッド」という壁やらジュータンがやたら赤いホテルだった。だが近くに同じ系列で「ハミルトンホテルブラック」があるらしい事が判明。次回はそっちにしよう。

20101103_05とか言いつつこの日の夜は名古屋名物の手羽先を食べた。
オイラは愛知県出身だけど、名古屋と愛知県は別物なので、手羽先だったり味噌カツだったりは特に子供の頃取り立てて食べた記憶はない。
手羽先を食べた後ブラブラしてたら、「黒猫カフェ」というこれまたおしゃれなカフェが有ったので入ってみる。どうやら10月にオープンしたばっかりらしい。なんか店員がイケメンばっかりだった。お客さんもおしゃれな人ばっかりだった。こういうとこに来ると俺も年取ったなぁと感じでしまう自分が居る。
(´・ω・`)ショボーン

宿の周りは栄という名古屋の中心部だったんだけど、百貨店やデパートが一杯で、ちょっと入ると飲み屋とかおしゃれなカフェとかキャバクラが乱立する、なかなか面白い街だった。
そう言えば子供の頃名古屋と言うとこの辺にお買い物に来ていた気がする。

20101103_06翌朝は、名古屋名物の強烈なモーニングを体験しようと、ちょっと早起きして近くの喫茶店でモーニングを食べる事に。
途中名古屋のテレビ塔が見えた。変なオブジェの向こうに見えるのがテレビ塔だよ。
食べたモーニングは、いわゆる名古屋めしと言われる小倉トーストが付いているものの、いたって普通であった。後で知ったんだけど、よく耳にする強烈なモーニングは、モーニング発祥の地とされる一宮(名古屋よりもうちょっと北の方)で体験できるらしい。

20101103_07チェックアウトしたら、名古屋城を見た事が無いという相方の為に名古屋城へ。
今までしょぼい城しか見てこなかった相方はかなり感動していた。

20101103_08金の鯱。
名古屋城は太平洋戦争で消失して、今建ってるのは鉄筋コンクリートで再建されたものなんだよ。
だから中にエレベーターも有ったりするんだ。

20101103_09今回の旅行の一番の収穫。
しゃちほこもっこり。

名古屋城を後にしたオイラ達は熱田区にある「みなと工房」さんへ。
ここもうちと同じ焙煎機を使うおしゃれなカフェ。
名古屋の人ってのはコーヒーを飲む文化が根付いているようだ。だから喫茶店とかも多い。だからモーニングが強烈化したんだろう。ただ、「コーヒーはお店で飲む物」となっているようで、家で淹れて飲む人は少ないようだ。だから豆だけ売ってても無理があるっぽい。

一通りの目的地を回り終えたので、自宅へ向けて出発。
だが途中オイラの実家を通るのでちょっと顔を出す。

夕方、神奈川へ向けて出発するが、まだ生シラス丼を食べていない事に気付く。
ハイウェイマップみたいなやつで途中日本坂PAにある「焼津さかな工房」でシラス丼が食べれる事が判明。生じゃないけどまぁいっか、って事で日本坂PAを目指してひた走る。
と思ったら「焼津さかな工房」20時までしかやってねぇ!
ナビによると日本坂PA到着は20時ギリギリ。
はたして間に合うか!
かなりカッ飛ばして日本坂PAを目指す。
シラス丼の為に命を危険にさらす夫婦がそこに居た…。

日本坂PAに付いたのは20時5分前。
ギリギリセーフ。__( -"-)____( -"-)____( -"-)__セーフ!
無事シラス丼を食べて帰ってきたのであった。
相方が「静岡おでんも食べたいのでお腹が減るまで待とう」とかぬかしてたけどシカトしといた。

と言う訳で、特にコレと言った目的も無いまま決行された秋の旅行は、特にコレと言った収穫も無く終了した。あ、まりもっこりが有った。

でも神戸で釣りがダメになったんなら、琵琶湖行くってのもアリだったんだよな。
ま、それは今度の機会に取っておくか。
そん時は向こうで暮らしてるロッキーさんのお世話になろう。ロッキーさんよろしくね。

てな感じで。寝る。グゥ。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »