« 通勤電車で読んでる本35 | トップページ | 焼肉忘年会 »

2010年12月 8日 (水)

通勤電車で読んでる本36

コムバンワ。
15年近く使ってたお財布の小銭入れのチャックが壊れてどっちに引いても開きっぱなしです。
新しいお財布が欲しいよぅ。
如何お過ごしですか?

20101208_01「静人日記」天童 荒太
“新聞の死亡記事を見て、亡くなった人を亡くなった場所で「悼む」ために、全国を放浪する坂築(さかつき)静人。死者の周辺の人々から疎んじられ、罵声を浴びせられることもあるが、時にはあなたの行為で救われたと、感謝されることもある――。さまざまな死者と生者との出会いと別れを繰り返す静人。その終わりなき旅の日々が、端整な筆致で記されていく。”

最近本ネタ多いなぁ。
どうでもイイけどさっきGoogleで「静人日記」で検索したらこのブログが2位になってた。特設サイトより上じゃんか。天童さんスイマセン。

「悼む人」と同じくこっちも表紙が怖いよぅ。
放浪の旅を続けながら見知らぬ人の死を悼み続ける坂築静人が、その旅の中で綴った日記、という体裁のこの本。だから小説とはちょっと違う。
「悼む人」では静人の内面的な部分はあまり描かれてなく、この人は旅を続けながら何を思うのか、という疑問が沸いてきた。この日記を読むと、静人の心の内がわかる。
「赤の他人をそこまで悼み、覚えておく事なんてそうそうできないでしょう」と思うが、その通りのようで、純粋な気持ちで悼めなかった事への自責の念なども書かれている。

亡くなった人の地を訪れて、故人についての話を聞き、誰に愛され、愛し、感謝されたか、を覚えておこうとするのはいいが、それは同時に残された人達が悲しみに暮れる姿をまのあたりにする訳で、そんなのが毎日続く。
とても俺には静人の真似は出来ないな。俺は人が悲しんでる姿は見たくないよ。楽しんでたり幸せそうな姿の方がイイ。怒ってるとこもイヤ。
自分はムカつくとすぐ辛辣な事言っちゃったりするくせにね。

やはり「悼む人」とセットで読むのが良いと思う。逆に読んでないと入っていけないかな。
「悼む人」→「静人日記」と読んだらかなりのボリュームだけど、このお正月休みにアナタも如何?
正月早々沈むこと間違い無し!

寝る。グゥ。

« 通勤電車で読んでる本35 | トップページ | 焼肉忘年会 »

コメント

沈みたい人向きだよねぇ(笑)

あのさ、思い出したんだけど、読んですごおく印象に残った衝撃の作品。
できれば、前情報をまったく仕入れないで読んでほしいんだけど
「わたしを離さないで/カズオ・イシグロ」
これ、すごかった~。
名前は日本人だけど、イギリス育ちだったかな?完全な外国人作家と思ってくださいな!。
これも、いろいろ考えさせられるよ!
で、貸してあげたいなと思ったが、だれかに貸したままっぽい・・・。
今は文庫化もされてるので、ぜひぜひ。

15年!ものもちいいね
オレは3年ももちません
おいてきたり、おとしたり、ぬすまれたり…

多分だけど林夫さんも性格的にオレと同じだとオモフ

シロミババァ>
コムニチハ。
あの2冊は時々読み返してみるよ。ありがとう。

カズオ・イシグロね。
ちょうど読む物なくなったから読んでみるよ。

へそGさん>
コムニチハ。
その場合はものもちというか何と言うか…。

林夫さんの場合は、
壊したり、壊したり、壊したり…でしょ?

読んでみな!

ちなみにあたしはヘそジジィとはちがって
以外とものもち良い派だよ。
財布もあたしも、かれこれ10年以上使ってる気がする・・・。

こんな所で俺の話題が。。。。。
ところで、俺は漢字が読めないので、本はめったに読みません。
因みに物の名前覚えられません。
脳みそが、半分プリンです。
グエヘヘヘヘ・・・・・・・・・。

シロミババァ>
財布もあたしも10年使ってんのか。
旦那さんがものもちがイイって事ね。

林夫さん>
コムバンワ。
ルヮーの名前は良く覚えるのにね。

カマンスターとかツイールトールとか・・・。

明日焼肉楽しみね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車で読んでる本36:

« 通勤電車で読んでる本35 | トップページ | 焼肉忘年会 »