« 通勤電車で読んでる本43 | トップページ | 通勤電車で読んでる本44 »

2011年3月15日 (火)

311

東北地方太平洋地震から4日が経ちました。
時間が経つにつれ、その被害の大きさと、被災地の悲惨な現状を目にします。
そして地震が元で発生した原子力発電所の事故。
この場をお借りして被災者の方へ哀悼の意を捧げるとともに、心よりお見舞い申し上げます。
そして一人でも多くの人の命が助かる事を祈るばかりです。

どっかからコピペしてきたような文章で始まったが、流石に暫くブログとか更新する気にはなれなかったな。
おれのトコはまだマシ(?)かもしれないけど、こういう時って、普段バカな事ばっかり書いてみんなを楽しませてくれるブログの人って、まぁまぁ困るよね。

地震はおれの住む神奈川や、勤務先の東京でもかなり揺れた。それはみんな経験してると思う。
おれは地震の時、都内のビル6Fで仕事をしてた。そりゃもうビックリしたよ。ビルの6Fって小さい地震でも結構揺れるから、あぁまたか、なんて思ってたらやけに長くて。そのうちいつもと違う感じがしてきて、気が付いたら座ってたイスが動いてたもんね。幸い棚が崩れたりって事はなかったんだけど、安全の為にみんなで近くの神社に避難したんだ。訓練じゃない避難なんておれ生まれて初めてだったよ。

神社のベンチに座って、ワンセグでTV見てたら、( ̄ー ̄)セレブ~、宮城の方とかが酷い事になってた。津波の凄い映像が流れてた。同じ地震を体験して、自分達は怪我もしてない、一方では今まさに津波に流されてる、って事実がとても怖かったよ。

その日の夜はみんなも御存知のように帰宅難民と化した。まさか自分が帰宅難民になろうとは。確かに家遠いから、いつ難民になっても不思議じゃなかったんだけどね。
しょうがないから会社で夜を明かす事になったんだけど、同じような境遇のTwitter仲間と、余震に怯えつつ、励ましあって過ごした夜はきっと忘れないと思うよ。

電車は夜のうちにちょっとずつ動いてたんだけど、ニュースで見る大混乱の駅に突入出来る様な気分じゃなかった。結局家に帰れたのは翌日のお昼過ぎ。
部屋大変な事になってんだろうなぁって思ったら、そうでもなかったよ。

20110315_01
アボガド2代目が傾いてた。

20110315_02
タニクのお友達が転んでた。

20110315_03
お菓子作りの道具がエレクターから落ちて床に散乱してた。

20110315_04
2toneの壁の一部が崩壊。

20110315_05
ディスプレイケースの扉が開いて中のルヮーが散乱してた。

とまぁかわいいもんだった。
あとはテレビ(ブラウン管)が動いてた位か。結構動いてたのにそれに気が付いたのが翌日の夜っていう…。
( ̄□ ̄;)!!

土日はそんなこんなでひきこもりで過ごし、、月曜日に気持ちを切り替えて出社しようと思ったら、今度は電気が足りないからみんなで協力して電気を集めよう!って事で電車動かず。会社行くの諦めてまたひきこもっちゃった。
(´・ω・`)

毎日被災地のニュースばかりで気がおかしくなりそうだね。けど、元気になれる人は元気にならなきゃ、被災地のみんなを元気にして、希望を与える事なんてできないと思うよ。
オラにちょっとずつ元気を分けてくれ! o(`・ω・´*)ノ

食料買い溜めしたり、ガソリン買い込んだり、心配ばかりして、自分の事ばかり考えてないで、笑って過ごす事を考えよう。
そして311を忘れないように。

寝る。グゥ。

« 通勤電車で読んでる本43 | トップページ | 通勤電車で読んでる本44 »

コメント

私も帰宅難民でした。
幸いノビー君が泊めてくれたのでソファで寝れたのが唯一の救いでしたが・・・
次の日が最悪だったなあ。
友達が家まで送ってくれると車を出してくれたけど、
レインボー渡るのに1時間半ぐらいかかった上に千葉に入れない。
結局電車で帰った。
月曜日も会社行けてないし、結構NUNOさんと同じ状況だったのかも。

ヒサシくん>
オハヨーゴザマス。

電車もクルマも大変で、ホントとんでもない目にあったけど、
なんか友達の有りがたみってのを味わったよね。

こういう事があって人を思いやる気持ちを思い出すってのも皮肉なんだけど。
でもこの影響を受けたみんなが、人間的に大きくなったと思うし、なれると思う。

街ではまだまだチッポケな人間が目に付くけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527740/51130163

この記事へのトラックバック一覧です: 311:

« 通勤電車で読んでる本43 | トップページ | 通勤電車で読んでる本44 »