« 8日の予定 釣り(どうげん) | トップページ | アボガド日記36 »

2011年5月15日 (日)

通勤電車で読んでる本47

コムバンワ。
ちょっと前まで寒い寒いなんて言ってたのにもう暑くなって来た。今年は地震もあって春を感じてる場合じゃなかったな。
如何お過ごしですか?

節電の為に照明が消されて真っ暗になったりする小田急線だが、そんな中で最近読んでた本がコチラ。

20110515_01「流星の絆」東野圭吾

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。

この話もず~っと前にドラマになっていた気がする。そしておれは第1話の前半30分位だけ見たような気がする。なんかそんなの多いな。

ドラマ化されるだけあって(?)なかなか面白かった。流星群を見る為に親の目を盗んで深夜に家を抜け出した3人兄弟が、家に帰ってみると両親が殺されていた。真犯人を捜し続けた3兄弟が14年後に復讐に出る。という話だが、頭のイイ長男の指示の元で詐欺を働きながら生きる3兄弟の14年間、は白夜行や幻夜にも通ずるものがあって、おれ的にはこの間の話がなかなか面白かったね。

兄弟で助け合いながら生きてる知り合いはおれには居ない。おれも3人兄弟で、ちなみにおれは末っ子だけど、うちの兄弟も基本バラバラだね。この話みたいに、幼くして両親を亡くしている、とかでないと、兄弟間の絆ってのは生まれないのかもね。もしくは誰も地元を出る事無く、同じ地域で暮らし続けてるとか?

そんな、兄弟間の繋がりを考えさせられる話だったね。今度姉貴や兄貴に会うのはいつになるんだろうか。

寝る。グゥ。

« 8日の予定 釣り(どうげん) | トップページ | アボガド日記36 »

コメント

最近全然本を読んでない。
借りた本はカバンにしのばせているんですが・・・
スマホばっかいじっちゃいます。
だから借りた本が溜まる一方。
もう少し待って下さいね。

ヒサシ君>
コムニチハ。
渡した本は別に返すつもりでいなくても大丈夫だよ。
気が向いたらヒマ潰しに使ってください。

電車でモンハンしたいんだけど、人の目が気になってまだ踏み切れて居ない。
毎日ロマンスカーで通勤帰宅できればイイんだけど。

大人になるとモンハンできないっすよね。
俺も特急ではやるけど、在来線では出来なかった。
でも結構ゲームやってる奴多いから、デビューしたらどうっすか?

(ヾノ・∀・`)ムリムリ (*´・∀・)(・∀・`*) ネー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車で読んでる本47:

« 8日の予定 釣り(どうげん) | トップページ | アボガド日記36 »