« H-1グランプリ | トップページ | 豪雨の中で狩れ »

2011年5月28日 (土)

通勤電車で読んでる本48

コムバンワ。
なんだか台風がきてるらしい。明日は大荒れの天気だろうか。
最近釣り熱が高まってる相方が、大荒れでもとにかく行くと言って聞かないので釣りに行くんだけど、どうなることやら。うちら二人で釣りする時ってなんだか天気荒れてんだよな。
如何お過ごしですか?

20110528_01「ダイイングアイ」東野圭吾

誰もが少しずつ嘘をつき、誰かを陥れようとしている。
記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が交通事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。
事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める……。

図らずも東野圭吾2連荘となってしまった。特に当ても無く本屋行ってなんか無いかな?って見てると平積みされた中から選んじゃうからどうしてもメジャーどころになっちゃうんだな。

で、この話は東野圭吾にしてはホラー的要素が強い。東野圭吾の論理的なとこが好きな人にはイマイチかも。話としては面白かったけどね。

だが特別何も残らないので、こうやって何か書こうと思っても何も出てこない。
(´・ω・`)
東野圭吾っぽくないなぁという評価は多いかもしれないけど、それでも話としては面白くて一気に読めちゃう作品になってるあたり、やっぱ東野圭吾って凄いと思う。

ま、暇つぶしにはイイかもね。

明日は雨はイイけど、大荒れで釣りにならない、みたいのはカンベンして欲しいな。
寝る。グゥ。

« H-1グランプリ | トップページ | 豪雨の中で狩れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車で読んでる本48:

« H-1グランプリ | トップページ | 豪雨の中で狩れ »