« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月22日 (土)

妖怪人間ベム

コムバンワ。

妖怪人間ベムのドラマ楽しみだなぁ。
あ、うち地デジ難民だった。(´・ω・`)ショボーン

2011年10月12日 (水)

Evanescence

エヴァネッセンスの新作がわりとかっこよかったので張っとこ。

Evanescence "What You Want"

通勤電車で読んでる本56

コムバンワ。
今週はあと2日か。早く終わんねぇかなぁ。釣り行きてぇなぁ。ひょっとしておれ釣り好きなのかな?
如何お過ごしですか?

20111012_01_2 「カラスの親指」 道尾 秀介

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品。第62回日本推理作家協会賞受賞作。

道夫秀介の本は、ミステリーを以前読んだ事があって、結構面白かった記憶があった。で、コレもミステリーだろうと思って買ってみたら違ってた。
ヤミ金に恨みを買って追われる詐欺師の、男の生き様的な話で、テンポのいい展開と、所々ふざけた書きっぷりが笑える。

最後のドンデン返しで、実は主人公と読者が一番ペテンに掛けられてたと気付く。言われてみれば話上手すぎだよなっていう、主人公の気持ちはまんま読者の気持ちだろう。あ、ネタバレ?

お父さん指、お母さん指、お兄さん指、お姉さん指、赤ちゃん指。お父さん指はどの指とも簡単にくっつく。でもお母さん指は、特に赤ちゃん指とくっつけるのが難しい。そこでお父さん指をお母さん指に添えてあげると、簡単にくっつく。
「どっちも揃ってるんのがやっぱり一番なんですよ」

こんなちょっとした微笑ましいフレーズが随所に出てきて、飽きずに読み進める事ができる。
人を騙して金を巻き上げるという、最低の行為をしてきた人間達の話だけど、心温まる話でもあった。
なかなか面白かったよ。

寝る。グゥ。

秋の荒喰い キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

コムバンワ。
世間では3連休だったようだな。
おれは土曜日は不運にも休日出勤してしまった。久しぶりに6日も続けて仕事したら疲れたよ。
如何お過ごしですか?

そんな休日出勤翌日の日曜日は相方と日帰りで弾丸静岡旅行へ。

20111010_01
今となっては懐かしいローカル線の無人駅。

静岡まで車で行ったら電車移動。
いろんな作家さんが集まる、「アート&クラフト市」ってのに行ってきた。焼き物作家さんとか、レザークラフトの作家さんが多かったな。コレといって大した事はなかった。

でもって相方の友達がやってるお店に顔出して。と思ったら商店街でサンバカーニバルやってた。なんか静岡は来る度にお祭りしてる気がする。

20111010_02

で、友達も一緒に晩御飯にお蕎麦食べて神奈川へとんぼ返り。の帰り道に、前回の静岡旅行の際には遂に口にできなかった生シラス丼を発見。お蕎麦食べて満腹になった1時間後だったが食べた。
食欲の秋だからな。

深夜12時位に家に着いたが、翌日は釣り。しかも朝マズメから。

この日は林夫妻と一緒。久しぶりに房総のダムにやって来た。

20111010_03
朝マズメノーバイト。

20111010_04
昼マズメノーバイト。

20111010_05
林夫妻は二人とも1本ずつ釣っている。

20111010_07
お約束の最上流部で上陸して陸っぱり。ノーバイト。

20111010_06
カップラ。昼寝。ノーバイト。

結局一日何も無し。
でもTwitter繋がりのふたっちさんにお会いできたのでヨシとする。
ちなみにふたっちさんと一緒に乗っていた奥ちゃんさん、それにグッチさんとスエちゃん、あとお会いしたトッパーの人たち、み~んな釣れてなかった。
この日あのダムでトップで釣ったの林夫妻だけじゃね?恐るべし林夫妻。

20111010_09
林妻さんが釣ったルヮーは2tone。何気に今年おれより沢山2toneルヮーで釣っている。福ちゃんとこに送ってやって欲しいんだけど。

20111010_08
林夫さんはスピンキャスターでケム。このスピンキャスター、要はクローズドフィイスリールね、これが結構面白い。

帰りに林夫妻と、最近釣り仲間の間でよく耳にする、「ちばから」ってやつを食べようと思っていたのに、ナント月曜定休で喰えず。
しょうがないから帰り道にあるラーメン屋でラーメン喰って帰ってきた。

てな感じで、そろそろおれもシーズンインして、最近無性に釣りに行きたくなってきた。
ひょっとしておれって釣り好きなのかな?断る事は御座いませんのでいつでも誘ってやって下さい。

あげぽよ~。
寝る。グゥ。

2011年10月 8日 (土)

通勤電車で読んでる本55

コムバンワ。
読書の秋ですなぁ。スポーツの秋とも言うし、食欲の秋とも言うし、秋の荒食いとも言うし。要は太古の昔から生物が一番活動しやすいのが秋という事だろうか。
如何お過ごしですか?

20111008_01「サクリファイス」近藤 史恵

ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと―。陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。かつての恋人との再会、胸に刻印された死。青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた!大藪春彦賞受賞作。

ちょっと前から釣り仲間の間でも自転車に乗る奴が増えた。といってもそこは偏屈な連中なので、ピストとか乗ってたけど。

この話は自転車ロードレースの話。最近じゃ自転車ブームもあって、「ツールドフランス」なんて言葉も、それが自転車ロードレースの事だって位は誰でも知ってるだろう。
そう言えばこの前釣りに言ったときに、「ツールド千葉」って看板が立ってたっけ。
でも実際に自転車のロードレースのルールとか仕組み知ってる人って言ったら、やっぱり自転車乗りに限られるだろう。そんなおれもロードレースの事なんてコレっぽっちも知らない。

でもこの本はロードレースの事を知らない人の為の説明が、説明っぽくなく書かれていて、自然に入ってくる。だからちょっとだけロードレースの事も分かった。

集団の中で先頭を走るのは空気抵抗が有って疲れるから、他のチームの人も含めて交代で先頭を走る、先頭交代というシステム。無線を使って、レースの状況を把握し、監督の指示を聞いて走る選手たち。チームのエースを勝たせる為に犠牲となり、アシストとして走るその他の選手たち。そして犠牲を払いながら勝利に向かうエース。
ロードレースって個人競技かと思ったら違うんだね。
この「犠牲(サクリファイス)」が本の題名になっている訳だ。

帯には「ミステリ」とか書いてあるけど、ミステリではない。単純にロードレースにかける若者たちの青春を描いた良い作品だと思う。そしてちょっと自転車ロードレースにも興味が沸く。

ロードレースに詳しい人が読んだら、それはそれできっと面白いと思う。ロードレースが抱える問題点や、チーム内の葛藤を上手く浮き彫りにしている事だろう。

主人公は、アシストの仕事を認められて世界に羽ばたいていく。どんな世界にも、影で堅実に、そして不可欠な仕事をしている人は居て、見る人は見ているという事だな。

自転車好きにも、そうでもないにも、まぁまぁ面白いと思う。
寝る。グゥ。

2011年10月 6日 (木)

ゴーゴーサムギョプサル

20111006_01

コムバンワ。

昨日は不定期に開催される、韓国料理屋でサムギョプサルを食べてついでにはまんちょのライブを見る会、通称「ゴーゴーサムギョプサル」が開催された。

20111006_02

で、サムギョプサル喰って、ついでにはまんちょのライブ観て帰ってきた。
図らずも釣り熟女大集合で盛り上がったね。
次回参加したい釣り熟女はご連絡下さい。

寝る。グゥ。

2011年10月 2日 (日)

プチ祭り

コムバンワ。
たまにはサクっとブログ書いてみる。

今日は久しぶりに相方と二人で釣り行ってきた。
とある激流川では祭りが開催されているようだが、ひねくれもののおれ達は祭り会場とは違う川へ。
て言うより、単にのんびり釣りしたいから激流を避けただけなんだけど。

最近はもうイイ年になってきたし、朝マズメから釣りするのってみんなも辛くね?
しかし空気読まない相方が朝マズメからやりたいというので、気合で朝マズメから攻める。

20111002_01
相方は船の上では基本何かを喰っている。

20111002_02
「何か喰いもん落ちてこねぇかなぁ…」

久しぶりの朝マズメだが、やっぱりもう朝は寒くなっている。
寒くなってくるとボートの上で淹れるコーヒーが美味しいね。いよいよシーズンインか?

20111002_03
ボートの上でも美味しい本格自家焙煎コーヒーが楽しめるクラーヌのドリップバッグコーヒー。
お求めはコチラから。http://www.coulane.jp/

開始早々おれのキャストするトップブリッジの“ホグ”に激烈バイト。これデカいと思いつつ寄せてきたところで、ふとこれ雷魚じゃね?と思ったらバレた。
で、朝からちょっとボートのテンションが上がる。

先日手に入れた痴虫の“ボルチ”を使ってみる。最近デカいルヮー使ってないなぁなんて思いつつダイナミックなアクションさせてると、これにもバイトが。
ひょっとして祭り会場が移動してきのかな?

所々ある流れ込みを撃つが無反応。オーバーハングをかいくぐって岸ビタにナイスキャストを決めるとバイトがある。
そして何故か黒いルヮーに反応がある。ま、偶然だと思うけど。岸にいるカニさんが季節柄か色黒になってたので、今日は勝手にカニパターンと命名して黒いルヮーを岸ビタにキャストする。

おれがチェスト114の“115”(だっけ?)っていう黒いペンシルでバラしたり、相方の赤黒い粒海馬にも反応があるので、あながち外れてない?

20111002_04_2
釣りガールはどこでも用を足す。

かなり上流まで上がってきた。
テトラ帯を撃つ。相方はテトラで釣れる気しねぇとか言ってるが、そんな奴には釣って証明すべし。

20111002_05
ホラね。( ̄ー ̄)フッ

† タックル †
ROD → Scream Glide GB-1506
REEL → RYOBI Varius F200
GRIP → Robelson RESION
LINE → Bright River PE 50lb
LEADER → Varivas VEP ShockLeader 20lb
LURE → no bite “羽”

メッチャ引く川バス45cmゲット~♪

半分捨ててた流れ込みに“羽”をキャストしたらバイト。でもバラシ。
なんか今日は楽しいなぁ。(゚∀゚)
そして反応が無い相方は機嫌が悪くなっていく…。

気が付けばお昼近い。なんか今日は飽きない程度にバイトがあるから時間が経つのが早い。
潮も止まって暫く沈黙だろうなぁなんて思ってたら相方が釣った。

20111002_06
やっと粒海馬で釣れたコイツは38cm。

† タックル †
ROD → Scream Glide GB-1506
REEL → DAIWA PHANTOM MAGSERVO SS-10
GRIP → Robelson RESION
LINE → B.P. PE 50lb
LEADER → Varivas VEP ShockLeader 20lb
LURE → 痴虫 “粒海馬”

「水減って雷魚出そうだよねぇ」なんて言ってたら…

20111002_07
半泣きで50upゲット。

† タックル †
ROD → Scream Glide GB-1506
REEL → DAIWA PHANTOM MAGSERVO SS-10
GRIP → Robelson RESION
LINE → B.P. PE 50lb
LEADER → Varivas VEP ShockLeader 20lb
LURE → B.P.Bait “キールヘッド”

夕マズメに向けてもう一本の筋を上がる。最後は杭をネチネチ攻撃したがこっちはイチバイトだけ。
夕方になって寒くなってきたので終了。

3本位バラしちゃったのが悔やまれるが、バイト沢山でなかなか楽しめた。この川でこんなに反応イイのも珍しいかもね。

てな感じで久々朝マズメから夕マズメまでほぼノンストップで釣りした。
おれもまだまだ若いじゃんか。( ̄ー ̄)フッ

おしまい。

2011年10月 1日 (土)

アボガド日記38

コムバンワ。
もう10月になっちゃいました。如何お過ごしですか?

アボガドブログなのに全然アボガドの様子を伝えないじゃないか!というクレームがきたので(ウソ)、アボガドの事を書こうと思う。

暖かかったせいか、夏の間に2代目がかなり身長を伸ばした。

20111001_01
たけぇ~。(゚∀゚)

身長132cm。植木鉢に植えてあるから、床に置いて隣に立つとおれとそんなに変わらなくなってきてる。
ちなみに添え木になっているのはロッド。後ろに見えてる炊飯器はおれが上京した時から使ってる20年もの。

20111001_02

上の方。まだまだ伸びる気配アリ。この調子で是非天井まで到達して欲しい。

そして前回すっかり葉っぱが落ちてしまっていた3代目。

20111001_03
チ~ン…。

すっかり枯れてしまった。ご臨終です。(-人-)ナームー
1代目に続いて3代目もその人生を終えた。お別れって寂しいね。(´・ω・`)

しかしアボガドが枯れた位で落ち込んではいられない。なぜなら次のアボガドが育っているから。

20111001_04_4
4代目。若くてピチピチ~♪

順調に育つ4代目は身長30cm。なかなか芽が出てこなかったけど、一気にここまで来た感じ。
そろそろ植木鉢にお引越ししなきゃだな。これから楽しみ~♪

20111001_05

そして5代目、6代目、7代目。
nuno家がアドガド屋敷になる日も近い?( ̄ー ̄)フッ

次回アボガド日記をお楽しみにね。

寝る。グゥ。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »