« エレキ ウィードクラッシャー 自作 | トップページ | 琵琶湖遠征 その2 »

2012年9月11日 (火)

琵琶湖遠征 その1

コムニチハ。
9月の8日~10日まで、MIKAと二人で琵琶湖へ遠征してきた。
つぶやき担当のMIKAがリルタイムでTwitterでつぶやいてたので、あらかた知れていると思うが、外す事が多いnuno家の遠征において、なかなかの好成績だった。

そんな琵琶湖遠征の模様を何回かに分けて書いてみようかな。

9月7日の金曜日、仕事を終えたおれとMIKAは寝る間も惜しんで琵琶湖に向けてデッパツした。
交代で運転しつつ寝つつ、途中MIKAが運転中にお約束のゲラリ豪雨に遭い、いつもと変わらない遠征のスタートであった。

琵琶湖に着いたのは朝の6時くらいだったかな。東岸のエリアでいくつか目星を付けていたのだが、結局入ったのは以前にもボート下ろした事がある実績ポントになった。

20120911_02

事前情報では今年の琵琶湖はウィードを刈られちゃってるようで、いつもよりウィードが少ないらしい。ちなみにウィードっては水草の事だ。それなら岸よりで葦打ちをしようってんで、ポイントを調べておいたんだが、沖に出てみると、少ないながらも、そしてあんまり発育が良くないながらもウィードがある。じゃせっかく琵琶湖に来たんだし、琵琶湖っぽい釣りで始めるかって事で、沖の方でスタートフィッシング。

で、開始早々、10投もしないうちにMIKAが釣り上げたファーストフィッシュがコレ。

20120911_01

いきなりの52cm!
ルヮーは数年前に琵琶湖フィーバーを巻き起こしたB.P.BaitのB.P.ミノー。ウィードのポケットでガボッガボッとしてたら出た。出た瞬間それと分かるような凄いバイトだった。

いきなりの50UPに期待が高まる。投げ続ける事数時間後、MIKAがまた釣った。

20120911_03

サイズアップの54cm!ルヮーはまたまたB.P.ミノー。

20120911_04

こいつはなかなかキレイな魚だったよ。

いきなりの50UP連発に感覚がおかしくなりそうだ。これが琵琶湖感覚というやつか。

「もう近江牛喰って帰ってもいい」
おれは何度コイツをボートから落とそうと思った事か…。

nuno家の琵琶湖遠征は驚愕のスタートとなった。

朝マズメ終了後ホテルにチェックイン。

20120911_05

今回泊まったのはクサツエストピアホテル
料金もリーズナブルだしオススメ。

その日の夕方、朝入ったエリアに再び入る。
同じタイミングで来ていたスタメンの小川さんとも情報交換し、どうやらあのエリアが当たりらしいと踏んだ。釣れてるのにあえて動く必要も無いしな。

20120911_06

夕方、風が止んで海のように広い琵琶湖が静まりかえったところでおれが釣った。

20120911_07

† タックル †
ROD → Chest114 Meister
REEL → Daiwa Alphas 105H
GRIP → Fuji
LINE → Spectra Power Pro 4号
LEADER → B.A.M.S? Topwater Fishing Line 20lb
LURE → 2tone  “Arco -AT Prop-”

サイズは確か47cm。そこそこのサイズなのに50UP2本の後じゃ小さく見えてしまう。これが琵琶湖感覚ってやつか。

20120911_08

その後MIKAがサイズ大幅ダウンの小バス追加。

初日から52、54、47、心30というnuno家にとってはツレツレな感じで初日は終了したのであった。

つづく。

« エレキ ウィードクラッシャー 自作 | トップページ | 琵琶湖遠征 その2 »

コメント

良い遠征みたいですね~ヽ(´▽`)/
自分も昨日帰ってきたのに、もうスグにでも行きたくなちゃってます…

ムラオカさん>
コムバンワ。ムラオカさん達もいい釣りできたようで、ヨカッタです。
行きたいよねぇ。
でもおれは琵琶湖ジャンキーにはなりません。笑

そんな時は落としてネタにしてほしかった。

ヤプーさん>
もう大人なのでそういう粗相はしません。

マニアックですね〜w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527740/55632954

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖遠征 その1:

« エレキ ウィードクラッシャー 自作 | トップページ | 琵琶湖遠征 その2 »