« 避暑地の釣り その1 | トップページ | 6月の釣り その3 »

2013年6月19日 (水)

避暑地の釣り その2

20130619_01_2

コムニチハ。

元旦から一緒に御節食べるほど仲良くして貰ってるウエちゃん夫妻から、
「nunoさん、ブルーベリーポンド行きましょうよ」
とお誘いを受け、実際はリョウちゃんとMIKAの間でアレコレやり取りして、俺は「あ、そう」って言っただけなんだが、噂のブルーベリーポンドへ行く事になった。

ブルーベリーポンドと言えば、綺麗な景色の中でトップでボコボコ。おまけにスモールだって釣れちゃう。でもあのninnaのDVDはフィクション通り越したファンタジー、と言われる、長野県は斑尾高原にあるペンションの宿泊客だけが釣り出来るプライベートポンドだ。

そんな一度は行ってみたかったブルーベリーポンドへ6月16・17日と行って来た。ウエちゃん夫妻とnuno夫妻の遠征の模様を何回かに分けてお送りしたいと思います。

今日はその2回目にして最終回。

20130619_02
ペンションの部屋から見た夜明け。高原の朝は気持ちいい~♪

2日目にして最終日となる今日。我々は3時間に及ぶ(ウソ)朝の講習も免除され、時間に合わせてペンションからブルーベリーポンドへ移動。
昨日とは打って変わってイイお天気。イコール昨日の何も起こらなかった時間の天気。だ。

20130619_03

開始10分。MIKAが早くも寝る。
ウエちゃん艇も何も無いらしい。そしてボートは湖を1周もしないで桟橋に戻っておれも寝に入ってしまったのであった。

おれが寝ている間に、桟橋近くの流れ込みに居る見えバスにいろんなルヮーを投げて反応の違いを見ていたMIKA。ブレード物への反応がイイという結論を出し、今日は痴虫の“粒海馬”に賭けるらしく、釣りに出ようと言う。

20130619_04

釣りやがった。“粒海馬”で。相変わらず空気読まないやつ。
しかしここの外来魚はなんだかみんな痛んでるな。

お昼ご飯の為に上陸。今日はペンションがお弁当を出してくれた。
みんな無反応なのに釣ったもんだからMIKAが相変わらず良く喋る。そしてここでも空気読まないMIKAは
「あ、一人だけ釣れてなかったんだった」(σ・∀・)σ
とか言って場の空気を凍りつかせるのであった…。

ブルーベリーポンドは釣り出来る時間が夕方4時半までと決まっている。お昼食べたら残り時間は僅かしかない。
ここまで闇雲に湖を回っていた訳ではない。幾つか有望なポイントを絞り込んだ。

・シェードの下の居付きのバスが口を使う可能性が比較的高いワンド。
・回遊バスの通り道になっていて、そこを通ると必ず捕食するポイントがあるワンド。
・居付きのバスが居て、回遊バスの通り道になっているブッシュ。

無駄撃ちを無くしてこの3箇所をローテーションした。

初めての湖において我ながら効率の良さを考えたナイスプラン♪

したら釣られた。(´・ω・`)ショボーン

20130619_05

おれも何も無かった訳ではなく、MIKAが発見したブレード物への高反応を受けて、痴虫の“小さい海馬”でバイト取ったりばらしたりしてた。ちなみにここブルーベリーポンドはバーブレスフック限定なのでよくばれる。

そして回遊バスを待ち伏せして放った“小さい海馬”でイイサイズをかけるがボート際でばらし。明らかに40後半は有っただけに凹む。

段々終わり時間が近づいてきた。おれはこのまま釣れず、4人の、いや空気読めない約1名除外して3人の間に冷たい空気が流れたままこの旅は終わるのであろうか…。

しかし最後にドラマは待っていた。

相変わらず3箇所のポイントをローテーションするnuno艇が最後に入ったのは回遊バスも通るブッシュのポイント。ここでイチバイト取ったところで、上に覆いかぶさる木の向こうにまだ水面が続いている事に気付く。

「あそこ水あるよね?」
と言って、この旅で初めて見えない水面にぶち込むというなんだか懐かしい釣りをしてみる。
覆いかぶさった木の上を越えて“小さい海馬”をキャスト。水に落ちる音がする。そして巻く。
見えないけどなんだかロッドが重くなった!合わせてゴリ巻き。魚付いてる!そして木にぶら下がってる!

ここからが大変。かかったはいいが、魚はブッシュの向こう。バーブレスで今にもばれそう。
エレキを上げてMIKAにパドリングして貰い、前で、と言うか後ろ向きなんだけど、左手にロッドを持ち右手でブッシュを掴んでボートを進める。邪魔な倒木の枝は手と足を使ってバキバキ折って進む。

※ブルーベリーポンドは徹底したフィールド管理によって守られた湖です。生き物と自然を大切にしましょう。

やっと魚に手が届くところまで辿り着いた。そして…。

20130619_06

ツレタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
† タックル †
ROD → Scream Glide GB-1506
REEL → Daiwa Alphas 105H
GRIP → Fuji
LINE → Spectra Power Pro 4号
LEADER → B.A.M.S? Topwater Fishing Line 20lb
LURE → 痴虫 “小さい海馬”

これが終了時間10分前の16時20分の出来事。正真正銘この遠征の最後のキャストになった。
なんだかウレシイというよりホッとした感じだった。こんなに獲りたいと思った外来魚は久しぶりだ。

なんとかみんな釣れて丸く収まったところで、帰りにお土産買って帰ってきた。
道の駅で食べた“おやき”が美味しかったのでお土産に買ってきちゃった。

今回ご一緒させて頂いたウエちゃん夫妻にはお世話になりっぱなしだったな。
ウエちゃん、リョウちゃん、有難う御座いました。またどっか行きましょう。ヒヤヒヤさせてスイマセン。

てな感じで、nuno家今年の遠征第一弾は無事終了した。
次の遠征は7月の第1週。恒例のハチロー遠征です。お楽しみにね。

おしまい。

« 避暑地の釣り その1 | トップページ | 6月の釣り その3 »

コメント

デジャブ感がハンパないですね。
3時間の講習が免除されて良かったです(笑)

とっても楽しいTRIPでしたー。次回は…西に行きましょうー!!

マンズのオカさん>
行った事あります?同じような感じだったみたいですね…。

ウエちゃん>
西行こう!今年中に行こう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527740/57618188

この記事へのトラックバック一覧です: 避暑地の釣り その2:

« 避暑地の釣り その1 | トップページ | 6月の釣り その3 »