« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

8月の釣り その2

20130829_01_2

コムバンワ。

と言う訳で翌日曜日、再び水上の人となる。この日のお相手は久しぶりの林夫さん。
夏になると調子がいいと言われる川へ行ってきた。

夜明け前に現地に着いて、まだ暗いうちにボートを浮かべたら、林夫さん左足落水。半分濡れ濡れでスタートとなった。

どんどん上流へ上っていく。おれは過去1回しか来た事ないので、ほとんど初場所に近い。たまにバイトがあるが、なかなか乗らない。

どんどんどんどん上ってたら、雨がポツリ、ポツリ…。そしてあっという間に土砂降りに。
おれはかっぱを持って来ていたが、林夫さんはかっぱが無かったのでずぶ濡れになってしまった。まぁ半分濡れてスタートしてるし、いっか。と言ってさらに上る。

前にバスボートが居て最上流まで行けずにUターンしてきたけど、結局外来魚は釣れず。
上がってお昼ご飯食べて移動する事にした。

そしてやって来たのは前日も来た印旛水系の水路。
したら水がめっちゃ減ってる!しかも減り続けてる!減水するとお祭りと言われているが、それ以前に果たしてボート浮かべられるんだろうか…。

でもとりあえず寝る。

20130829_02
さぁ、お祭りかなぁ~?

夕方になったので浮いてみる。入水する時にユーマック達が帰ってきた。既に雨は上がっていたが、雨が降ってる時は結構釣れたらしい。

20130829_03

開始早々、林夫さん浮きブイでげっと~♪お祭りかぁ~?

20130829_04

おれもげっと~♪お祭りかぁ~?
† タックル †
ROD → Scream Glide GB-1506
REEL → Daiwa Alphas 105H
GRIP → Fuji
LINE → Spectra Power Pro 4号
LEADER → VARIVAS VEP SHOCK LEADER 25lb
LURE → 2tone “Arco AT Prop”

昨日釣れたルヮーと同じ。ミノー系がいいかも、と思って投げたら釣れた。
しかし二人ともサイズがいま一つ。ここのお祭りはサイズが伸びないんだよねぇ。

しかしその後さっぱり。お祭りと言うにはほど遠い。減水したてで外来魚も迷子気味かな。

そんな現実はつゆ知らず、誰かのツイートを見て仕事中に居ても立っても居られなくなって、結局仕事早上がりしてやって来てしまった丸い人。(ハバちゃん)

20130829_05
相変わらずデブ。

しかし優しい二人はそんな奴を先頭に座らせてやる。

20130829_06

釣りやがった。しかもいいサイズ。
死ねばいいのに…。その顔ムカツクんだよ!落ちろ!そしてバスが付くまでそこに浮いてろ!

20130829_07

ハバちゃんの一本の後はさっぱり。暗くなったので終了した。
やはりお祭りにはほど遠かった。もうちょっと水が落ち着いたらいいかもね。

という訳で久しぶりに土日続けて釣りしてきたが、やはりお休みは出掛けてた方が休みっぽくてイイな。
早く涼しくなって欲しいよ。ここ最近おれは夏が嫌いだって事に気が付いたんだ。

つづく。

2013年8月27日 (火)

8月の釣り その1

20130826_01

コムバンワ。
気が付いたらすっかり釣りに行ってなかった。ここ最近のお休みは暑すぎて家を出る気にもなれず、外出したと言えば近所のコンビニにタバコ買いに行ったのと、ツタヤにDVD借りに行ったくらいか。
結構いろいろ見たぜ。「ダイ・ハード4」とか「ダイ・ハード ラストデイ」とか「テッド」に「キル・ビル」の1と2。あとなんだっけ。まぁそんな印象に残る物は無かったって事か。

いや、DVDで無く映画館で「パシフィック・リム」見てきた。
かなり良かったから、男の子なら見に行った方がイイよ。あれがつまんないって奴は男の子じゃねぇな。

20130826_12

そんなひきこもりな8月も後半の週末、お誘いを受けて久しぶりに釣りに行ってきた。おれは基本誘われたら断らない。つまり8月はほとんど誘われなかったって事だが…。

20130826_02

土曜日はナチュラル大畑君との釣り。
前回はMIKAの盲腸でドタキャンして迷惑かけちゃったのでその穴埋めだ。

最近猫も杓子も行ってるツレツレフィールドがある。去年も行っていたが、何故今年あんなに釣れているのかは謎。拡散前ならいいが、このタイミングであそこに行くのはなんか負けた気がする。

なので今日はオバム石井さんに「オススメしない」と言われたフィールドにあえて行って来たのであった。

夜明けちょい過ぎに現地に着くと、どうやらスエちゃんとローカル富山さんも居るみたい。
早速入水。上流へ向かうボートが見えたので、暫く下流側を撃つが何も無し。上流へ向かう。

最近ジャッカルのポンパドールを手に入れたので使ってみる。そして護岸の流れ込みで激烈バイト。
3秒ほど外来魚だと思って喜んだんだが…。

20130826_03

約1分の格闘の末上がってきたのは巨鯉だった。(´・ω・`)
† タックル †
ROD → Kuramochi Rod Neo Classic
REEL → Abu Garsia ambassadeur Revo LTX
GRIP → Fuji
LINE → Spectra Power Pro 4号
LEADER → VARIVAS VEP SHOCK LEADER 25lb
LURE → ジャッカル “ポンパドール”

上流で富山さんとスエちゃんとダベって、流れに任せて下り始める。
そして最近護岸がマイブームと言う大畑君のルアーに、護岸でナイスバイト。

20130826_04
メッチャ引いてるやん!(゚∀゚)

20130826_05
ん?( ̄ー ̄?) クチ…

20130826_06

巨鯉だった。

気を取り直して下っていると、今度は潮が引いてモロ出しになったストラクチャーの脇で大畑君のマグトーにオチパクバイト。

20130826_07

今度はナイス外来魚だった。

大畑君に釣れたところで、夕方は印旛水系の水路へ行く事に。ちょっと遠いが、関東人には珍しく、大畑君が行った事が無いって言うので、途中でお昼ご飯を食べながら向かったのであった。

20130826_08
着いた。

ここは9月になって減水すると爆発するんだが、本日は満水。

20130826_09

お昼寝して出船。おれは水がある方が気持ちいいから好きだ。
暫く反応無かったが、夕マズメに狙ったエリアでバイトラッシュ!

20130826_10

釣れた~。(・∀・) ちっさ。

20130826_11

おれにも釣れた~。(・∀・) ちっさ。
† タックル †
ROD → Scream Glide GB-1506
REEL → Daiwa Alphas 105H
GRIP → Fuji
LINE → Spectra Power Pro 4号
LEADER → VARIVAS VEP SHOCK LEADER 25lb
LURE → 2tone “Arco AT Prop”

他にもバイトが有ったがなんせサイズが小さい。減水したらもっと出るんだろうか?とか思ってたが、まさか20時間後にすっかり姿を変えたこの場所に再び浮く事になろうとは…。

二人とも釣れたところで暗くなったので終了。
大畑君に釣って貰えたし、この前の穴埋めは出来たかな?

という訳で翌日日曜日も釣りに行ったんだが、続きはまた今度。

つづく。

2013年8月 3日 (土)

パシフィック・リム

コレちょー楽しみ♪
早く観たいなぁ。

20130803_03

20130803_02

パシフィック・リム

誰が作ったか知らないが、こんなバージョンもある。良く出来てるね。

通勤電車で読んでる本72

コムニチハ。
本の事書くの久しぶりだぁ。前回は「バス・ラプソディー」だったからな。
実際最近本読んでなかったりしたし。なんで久しぶりに本屋に行ってみたものの、イマイチ読みたくなる文庫がないんだよねぇ。新書は重いのでNG。

とか思いつつテキトーに買って読んでみた。

20130803_01_2 「月と蟹」 道尾秀介

海辺の町、小学生の慎一と春也はヤドカリを神様に見立てた願い事遊びを考え出す。無邪気な儀式ごっこはいつしか切実な祈りに変わり、母のない少女・鳴海を加えた三人の関係も揺らいでゆく。「大人になるのって、ほんと難しいよね」―誰もが通る“子供時代の終わり”が鮮やかに胸に蘇る長篇。直木賞受賞作。

道尾秀介の話はたいがい子供が登場する。この話読んで思い出したのは、「向日葵の咲かない夏」って話。
あれもこれも、子供の夏休みっぽくてなんか懐かしい気持ちになる。

ヤドカリを神様に見立てた願い事がだんだん切実になっていく。おれはそんな切実な悩みの無い幼少時代だったけど秘密基地とかそんな感じだね。登場する3人の子供(男の子二人と女の子一人)の関係が微妙に変化しいく様とか、二人の秘密に勝手に一人加えちゃった時のぎくしゃく感とか、あったな~って感じだけど、覚えてなければそんな描写は出来ないだろうし、作家さんは子供の時のそんな気持ちをいつまでも覚えているんだろうか。

これといった盛り上がりとかどんでん返しがある訳じゃないけど、子供の頃の、今よりゆっくり時間が流れてた頃を思い出せるかもね。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »