« 8月の釣り その1 | トップページ | 8月の釣り その2 その3 »

2014年8月14日 (木)

琵琶湖の釣り2014 パート2

20140813_01

コムバンワ。
nuno家は8月の10日~12日で琵琶湖遠征を計画。台風11号ハーロンのお蔭で一時は諦めかけたんだが、週明けには抜けそうな予報だったので、とりあえず行ってみようという事で、今年2回目の琵琶湖遠征に行ってきた。

出発はまさにハーロンが西日本を通過中の10日。このタイミングで行っても何も出来ないのは目に見えているので…

20140813_02

静岡県の沼津深海水族館に寄り道。シーラカンスを見て来た。このシーラカンスは冷凍保存されているのだ。ちなみにおれは小学生の頃から近所でシーラカンス展が開催されると必ず見に行ってた、というシーラカンスファンだ。冷凍保存のシーラカンスが見れるようになるとは技術の進歩は凄いなぁ。生きてるうちに泳いでるシーラカンスを見たいもんだ。

20140813_07

水族館と関係ないが、これはカニの甲羅に色を付けて魔除けにするというこの辺りの風習らしい。これを是非痴虫に塗らせてみたいと思ったのであった。

20140813_03

せっかく沼津に来たので海の幸を堪能。

20140813_05

ドライブのお供は「進撃の巨人」。

で、琵琶湖を目指したんだが、伊勢湾岸道路も新名神も通行止めという事態になってて、下道まで駆使して8時ごろになんとか琵琶湖に到着。

20140813_04_2

で、nuno家より一日早く琵琶湖入りしてたが、台風でまともに釣り出来なくって滞在を一日延長した林夫妻と合流して晩御飯の焼き肉。

20140813_06

翌朝、スーパームーンの下、湖上の人に。
東岸に入ったが、物凄い強風で断念。西側に入り直すものの、南風の為釣り出来るエリアが限られる。そして沖の方は高波と凄い濁り。陽が昇ったらめっちゃ暑いので早々に上がってしまった。結局MIKAのイチバラシだけだったかな。

琵琶湖大橋の上から眺めた琵琶湖は台風のせいで物凄い濁りだった。この時点で全開放流中。メインチャンネルは真っ白だった。

20140813_09

夕方は風も収まって来たので定番ポイントへ。林夫妻も一緒。
「シュッとしてないからブログに載せちゃダメ」と妻さんに言われたが載せてしまったので怒られるかもしれない。ちなみに実物は写真よりずっとシュッとしてます。

20140813_10

ここでMIKAが一本ゲット。
† タックル †
ROD → Blanks BSF-M500C-CM
REEL → Shimano Metanium XT
GRIP → Robelson Resion
LINE → B.P.PE 40lb
LEADER → VARIVAS VEP SHOCK LEADER 25lb
LURE → 2tone “ノーチラス”

陽が暮れたらかなりバイト有ったんだが、結局釣れたのはこの一本のみ。翌日は早くも最終日。最終日に賭ける。

20140813_12

翌朝は雨が降ったり止んだりのコンディション。
再び定番ポイントへ。

20140813_11_2

まだ暗いが、ポツポツバイトがある。そんな中MIKAがゲット。
† タックル †
ROD → Blanks BSF-M500C-CM
REEL → Shimano Metanium XT
GRIP → Robelson Resion
LINE → B.P.PE 40lb
LEADER → VARIVAS VEP SHOCK LEADER 25lb
LURE → B.P.Bait “ロングザッパー・アンダーブレード”

このルヮー琵琶湖に強いな。

そして明るくなってからおれもようやくゲット。(・∀・)

20140813_13

† タックル †
ROD → Kuramochi Rod Neo Classic
REEL → Abu Garsia ambassadeur Revo LTX
GRIP → Fuji + Basskerville Lether Gun Grip
LINE → Spectra Power Pro 3.5号
LEADER → VARIVAS VEP SHOCK LEADER 25lb + カミキレン棒
LURE → TEAT “ネペンチョップロワー”

20140813_14

おれの中でかっこいい形のルヮーの上位に位置するネペンチョップロワーで釣れて超ウレシイ。
林夫妻も1本ずつ釣れたようでヨカッタヨカッタ。

そんな中、みつる君がカヤックで現れたのでしばし談笑。昨日の夕マズメには違うエリアで50アップを2本も獲っている。台風と一緒に琵琶湖入りした彼は金曜位までは琵琶湖に滞在するらしい。やっぱり頭おかしいよね。

そんな琵琶湖ローカルのみつる君と話してる隣でルヮー投げてたMIKAがキタッ!とか言うから見たらロッドが思いっきり曲がってる。ボート下に突っ込まれつつ上がって来たのがコレ。

20140813_15

ゴジュウサンセンチ。( ̄□ ̄;)
† タックル †
ROD → Blanks BSF-M500C-CM
REEL → Shimano Metanium XT
GRIP → Robelson Resion
LINE → B.P.PE 40lb
LEADER → VARIVAS VEP SHOCK LEADER 25lb
LURE → B.P.Bait “ロングザッパー・アンダーブレード”

バス釣りを初めて長いのに未だ50アップが釣れず、50の壁に悩んでいるアングラーも多いというのにこんなシチュエーションで50アップ釣ってしまうとは、数多くのアングラーを敵に回したのは言うまでもない。

この1本に相当ムカついたのか奮起したのか、みつる君はこの後ゴジュウヨンセンチを釣っていた。

ホテルのチェックアウトもあるので午前の部終了。
一緒にランチを食べて、林夫妻は関東へと帰って行った。

お土産を買って昼寝して、泣いても泣いても最後のエントリー。

しかし昨日と打って変わってサッパリ反応が無い。
暗くなってからようやく待望のバイト!

20140813_17

† タックル †
ROD → Kuramochi Rod Neo Classic
REEL → Abu Garsia ambassadeur Revo LTX
GRIP → Fuji + Basskerville Lether Gun Grip
LINE → Spectra Power Pro 3.5号
LEADER → VARIVAS VEP SHOCK LEADER 25lb + カミキレン棒
LURE → TOPBRIDGE “ヘッドバン”

このバスを123万1,578匹並べると、琵琶湖の外周と同じになります。

20140813_16

てな感じでnuno家の琵琶湖遠征2014パート2は終了した。
今回は台風直後という事もあり一時は中止を考えたが、なんだかんだ言ってそこそこ楽しめたので行ってヨカッタと思う。

そんなnuno家の次回琵琶湖遠征は9月の予定。お楽しみにね。

おしまい。

« 8月の釣り その1 | トップページ | 8月の釣り その2 その3 »

コメント

どうも~ご無沙汰で~す!!
相変わらず遠出してますねぇ~
てか、琵琶湖ってやっぱダダっ広い沖のウィード狙いなんすか?
岸沿いのストラクチャー狙いとかしないんすか?
なんか想像つかないんすよねぇ~

しかしまぁヌノさんのタイツのブッ飛び具合がハンパねぇっす!!(笑)
俺より黒い!!w

BLACKさん>
コムニチハ。ご無沙汰です。
琵琶湖は沖のウィード狙いですねぇ。私も最初半信半疑でしたが、1発イイの釣れると病み付きになります。実際広い湖面でドカンと出る様はピンスポットの釣りには無い爽快感が有りますねぇ。
もちろん季節によっては岸沿いを撃ったりもしますよ。

タイツそんなブッ飛んでますかね?ww
骸骨のタイツは好きで幾つか持ってます。いかにもアウトドアってのは、なんかユニフォームみたいな、トップの釣りがスポーツっぽくなる気がして嫌なんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527740/60145298

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖の釣り2014 パート2:

« 8月の釣り その1 | トップページ | 8月の釣り その2 その3 »