2018年4月11日 (水)

ガス圧やら気圧やら

Img01595今日は春の嵐なのか、ものすごい強風が吹いてます。こないだの強風ではステーキのあさくまさんの看板が大破してましたが・・・

多分大丈夫だとは思うのですが、今日は焙煎するのやめておこうと。
時間が出来たので、ブログを書くことにしました。

ここ数年、毎年4月頃に焙煎の調子が大幅に狂ってしまうので、今年は大丈夫か?と落ち着かなかったのですが、通風孔も直接風が入ってこないようにしたし、換気扇も設置したしで、調整不能に陥ることはなかったです!

去年の焙煎ノートを見返したら、どうにもお手上げ状態な自分が居ました。

丁度1年前、何をどうやってもカロリー不足な風味にしかならなくて、本当に廃業を覚悟したんですよねぇ・・・

ストレスからなのか、髪の毛とかごっそり抜けてたなぁ~( ̄ー ̄)

焙煎に悩んで十円ハゲが一杯出来た人の話とか聞いてたもんで、他人事じゃないわ!と不安な日々を過ごしてましたね。

今年は気温はともかく、他の条件を出来るだけ揃えたので、何でちょいちょい排気ファンの回転数を変えなきゃならないのか?という原因が自分なりに見えてきました。

まずガス圧なのですが、やはりボンベの残量が少なくなると圧力が低くなります。

残量が減ってるのはガスの匂いが強くなってくることで分かります。

圧力計を見るとほんのちょっぴりなのですが、いつもより低くなってるんですよね。

写真は焙煎機に付いてるガス圧計なのですが、去年新しいのに井上さんが替えてくれました。

赤い針がいつもの圧力で、黒い針が現在の圧力。

ボンベの残量が少ない時にはこんな感じでちょっぴり低くなります。

で、ボンベが交換されるといつもより少し高めになる・・・と。

バーナーワークは同じでも勝手に火力が上がったり下がったりしてるので、それを排気ファンの回転数でコントロールします。

あと、気圧なのですが、桜が咲く前後に丁度気圧配置が変わるんですよね。

高気圧だった冬型から気圧が低くなるんですけど、その分空気が薄くなる・・・と。

気温は上がってるのだから、焙煎温度も早く上がって行きそうなものですけど、空気が薄い分、温度の上昇は緩やかになります。

高い山の上だとお湯がなかなか沸かなくなるのと同じ原理なんだと思うのですが。

ガス圧も気圧もほんの少しの、気にしてなければ気が付かない程度のものなのですが、コーヒーの味には出てきてしまうんですよね。

それだけ私の味覚が敏感になったってのもあるのかもしれませんが。

13年前、コーヒー豆屋でアルバイトをしてた頃は、雑誌の中で有名焙煎士の方が

「焙煎をどこで止めるか、1℃違うだけでも風味には大きく影響します。」

な~んて言ってるのを「大して違わなくない?」なんて思いつつ読んでましたけど、今じゃ排気ファンの回転数を0.01hz単位で操作してるんですから、よっぽど細かい(笑)

3月の下旬からガス圧が下がってきたので排気ファンの回転数を落として、ボンベ交換のタイミングで回転数を上げたのですが、丁度そのタイミングで気圧がガクッと下がったので、逆に回転数を落とさなきゃならなかったんですよね。

今日も996ヘクトパスカルしかないです。
プロトレック大活躍!!ヽ(・∀・)ノ

空気が薄いってことは、酸素も少なくて燃焼効率も落ちるし、空気中の成分も薄いので、熱流体的にも窒素分子とかに蓄えられた熱エネルギーが豆に当たった時に置換されるカロリーの総量も減るってことなのかな?

空気の密度が低いから、分子が豆に当たらないって単純に考えればOK?(・ω・`)

理系じゃないので私の考えが及ぶのはこの辺りまでですが。


とりあえず、悪夢のような日々からは完全脱却できた・・・はず?と思いたい今日この頃です。

 

2018年3月26日 (月)

閉店時間のお知らせ

店の近くの桜並木が今日で満開になりそうです。

今年は散るのも早そうなので、お花見には今日辺りがベストかと。

桜まつりは4月7日・8日らしいので、今年は葉桜まつりになりそうです。

さて、本日から3日間3月26~28日の間、都合により閉店時間を17時とさせて頂きます。

お客様にはご不便・ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

なんだか最近更に忙しくさせて頂いておりまして、

焙煎する→売れる→焙煎する→売れる・・・の繰り返しで、ブログまで手が回らず。

ガス圧の話とか、ゆうパック特約解除によりHPリニューアル&通販もあれこれ変更になる話とか、書きたいことは頭の中をぐるぐるしてるんですけどね・・・

忙しいのはありがたいことです!!

今日もジャンジャカ焙煎しております!

夜桜見物に行かれる方は暖かい服装でお出かけくださいね♪

2018年2月28日 (水)

臨時休業のお知らせ

2月は逃げると言いますが、やっぱりあっという間に終わり、明日からもう3月ですね。

3月といえば、毎年旦那の実家に帰省する恒例行事がありまして、

3月12日(月)はお休みさせて頂きます。

あと、ちょっと先の話ですが、

3月26日(月)27日(火)28日(水)の閉店時間を17時とさせて頂きます。

お客様にはご不便・ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いします。


昨日ポストに届いた封書を確認したら、ゆうパック特約運賃見直しのお知らせでした・・・

3月1日からゆうパックも料金値上げになるんですよね。

見積もりが来てからですが、ちょっと通販の送料も考え直さなければならなくなりそうです。

まあ、世の中の流れですから致し方無いとは思うのですが・・・(´・ω・`)

さきほど集荷に来た方に訊いてみたら、
「サービス残業はなくなりましたよ~」とのことでしたので、値上げされた料金分が
少しでも社員さんに還元されればいいな~と思います。


2018年1月26日 (金)

入口扉の工事

先日の雪はまだまだ残っておりますが、なんとか通常に戻ったような感じしょうか?

流通がストップしちゃうと大変ですよね。

皆様大丈夫でしたでしょうか?

陽の光が当たらないところは凍ってしまい滑って危ないですよね。

出がらしのコーヒーかすを撒いておくと、ちょっとグリップ力が増すのでお勧めです。

雪に続いてこの寒波!!

とにかく寒いこんな日になんなのですが、入口の扉の工事をしているので、現在扉が1枚ありません・・・

エアコン点けて、電気ストーブ点けて、でも寒い・・・・・

昨日、休日出勤してマンデリンを焙煎してみたのですが、ガス圧が下がってるのとこの気温の低さとで、なんだか思うように出来ず。

室温をある程度上げなきゃダメだわ~と思うのですが、扉が無いもので店内は極寒です!(笑)

今日は焙煎出来ませんね・・・諦めました。(´・ω・)

ついでに焙煎機のメンテナンスでもすることにします。

雪掻きで時間を取られたこともあり、コーヒーの瓶がスカスカしてしまってますので、お急ぎでなければ、週が明けてからご来店されることをお勧めします。

インフルエンザも流行ってるみたいですし、皆様、風邪などひかれませんよう十分ご自愛くださいませ。

2018年1月20日 (土)

送風機による焙煎の違いについて

年が明けたと思ったら、もうスーパーには節分の豆が並び、チョコレート特集なんかが組まれておりまして、世の中はすでに2月!!

ソチオリンピックって2年前くらいじゃなかった?もう4年経ったの?

時間の流れの速さに翻弄されております。

年明け早々ふと思い立って、焙煎機の送風機を以前使ってたものに戻してみました。
10年使ってオーバーホールしてもらった相棒です。

昨年から使ってる送風機は羽がわざと小さく設計されてるんですよ。

私が井上さんに「風量が強すぎて思ってる風味にならないんですけど!」と八つ当たりした結果なんだと思いますが・・・(;・∀・)

その結果、豆から発生する水蒸気がパイプとか送風機内部に結露して、メンテナンスの頻度がえらい増えることに。

以前のものだと2か月に1度もやれば万々歳だったのが、10日に1度ペースに。

まあ仕事にならんわ~と言うことで戻してみたんですよ。

焙煎不調の原因は換気口からの風ってのは判明してるので、設定を合わせれば大丈夫かと思ったんですよね~

で、テスト焙煎を何度か繰り返して、まあここがドンピシャでしょ!って設定は探せたんですけども・・・

美味しいんだけど、何か普通・・・
芳ばしい感じは強くなったけど、フローラルな香りが弱くなったかも。

結局、味が一番大事だし!ということで、新しい送風機にまた戻しました。

面倒なんですけど、美味しさを知ってしまったら戻れないんですよ・・・

多分一般的な水分をきれいに飛ばして~豆をよく膨らませて~という焙煎なら前の送風機の方が向いてるんでしょうけども。

私の焙煎はほぼ蒸し焼きみたいなもんだし。

結構風量も落として、ダンパーも閉めて焙煎します。

ギーセンの焙煎機みたいに気圧で風量その他を管理っていうのも、私の焙煎だと水蒸気の圧力とかも加味しなきゃいけないからやりにくそうだと思ってみたり。

あと、気圧を制御したり、いくら送風機をインバーター制御出来ても、やっぱりダンパー操作って大切だと思うんですよね。

フライパンにフタをしてお肉を焼くとか、ル・クルーゼの鍋で野菜を煮るとか、そんなイメージなんですけど、フタをすると素材の香りは強く残りますし。

こんなにも送風機を交換して焙煎した人間も、焙煎機メーカの方以外そう居ないと思うので、良い経験が出来たと思います。

そういう仕様なんだと思うことにして、頑張ってメンテナンスしますね~





2018年1月 8日 (月)

遅ればせながら

新年あけましておめでとうございます

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

1月6日から営業開始しておりますが、今日はもうすっかり通常モードな感じです。

年明けからバタバタと忙しく過ごしておりまして、ご愛顧に感謝感謝でございます!

個人的に、2018年は明るい年になりそうだわ~なんて思ってるのですが、どうなりますでしょうか?

余計な時間・労力・お金等、無駄を極力省き、自分がやるべきこと、新しい試みに注力していきたいと考えております。

昨年あたりから「カフェ開業・自家焙煎コーヒー豆屋開業を考えている」という20代後半から30代の男性が増えたような感じがします。

実際、うちの店にもチラホラと開業希望の方がいらっしゃるのですが、以前より増えたような・・・

過去に開業されて、うちの豆を使ってくださってるお店さんも元気に営業を続けてらっしゃるので嬉しい限りです。

特にコンサルタントをやってる訳でもないですし、まあ独りでぼちぼちやってるのでそんなにガツガツ営業かけて業務用の販売を増やそうとも思ってはいませんが、夢を実現するために何かご協力できれば嬉しく思います。

コーヒー業界に限らず、30代の男性が独立開業する動きが増えてるような感じも受けるので、これからが楽しみです☆

2018年も元気に楽しく過ごせますようお祈り申し上げます。

今年も皆様に美味しいコーヒーを楽しんで頂けますよう、がんばりますね!ヽ(・∀・)ノ




2017年12月30日 (土)

今年もありがとうございました!

2017年も残すところあと1日ですね。

29日に今年最後の営業をバタバタと終えました。

無事に12周年を迎えられたのも、皆様のご愛顧の賜物と感謝の気持ちで一杯です!

今年を振り返ってみると、まあ碌な年じゃなかったな・・・というのが実感です。

よく店を続けられたな~と、しみじみ思います。

本当に4月辺りに焙煎不調になった時は真面目に閉店しようかと考えましたから・・・

でも、お客様の励ましのお声のお陰でなんとか踏ん張ることができました。

苦労があったからこそ、焙煎職人としても成長できたんじゃないかとも感じています。

人生に意味の無いことなんて何もないですからね~

来年はちょっと明るい兆しも見える気もするので、13周年を迎えられるように頑張ります!

今年も1年ありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。



2017年12月14日 (木)

おかげさまで12周年!!

あっという間に師走も半ば。
2017年ももうすぐ終わってしまうじゃないですか!
1年経つのが早過ぎてついていけません・・・

焙煎不調が原因解明されてからこっち、ひたすら焙煎し、ひたすら落ち葉掃除をし、
気が付いたら年末になってました。

そしてクラーヌがオープンした12月23日もやってきますね。

自分の誕生日も忙しくて忘れてたりしますが、開業記念日は一応覚えてます(笑)

ですが、今年は何回目だっけ?というのはあんまり気にしてなくて、13回目だと勘違いしてたんですけど、ちゃんと計算したら12周年でした。

今年もアニバーサリーイベントを明日12月15日(金)から12月29日(金)まで開催します。

* コーヒー豆を1,500円以上お買い上げでアニバーサリーブレンド100gプレゼント!!

* ブレンドコーヒー豆20%増量サービス!!(お買い得コーヒー豆は除く)

こんな感じで今年は開催します。

ノエルブレンドと新春ブレンドもなかなか美味しく出来たので、ぜひどうぞ!

ささやかではございますが、いつもクラーヌをご愛顧頂いているお客様への感謝の気持ちです。

年末・年始の営業ですが、年内29日(金)まで、年始は6日(土)から。
12月30日(土)~1月5日(金)はお正月休みを頂きます。

通販でもアニバーサリーイベント適用されますが、確実に年内発送できるのは12月27日15時までのご注文分まで。
煎り豆の在庫があれば12月29日にも発送しますが、間に合わなければ年明け6日以降に順次発送になりますので、よろしくお願いします。

今年もあと半月、クリスマスやお正月に美味しいコーヒーを楽しんで頂けますよう、じゃんじゃん焙煎しつつ、今年最後のご来店をお待ちしております!

2017年11月 6日 (月)

原因その②

Img01401もう11月に入りましたねぇ・・・
今年は店の前のケヤキ並木の伐採がはいらないらしいので、落ち葉との戦いの日々です。

先日、メンテナンスをしてガスバーナーのノズルの詰まりが焙煎不調の原因だったのか~とスッキリしたはずだったのですが、1週間も経たないうちに排気の温度の上がり方がまたまたおかしなことに・・・

何だか良い感じに排気温度が上がっていかないんですよ。

排気が上がらないっていうのはどこかパイプに詰まりがあったりするので、

「1週間前にメンテしたばっかりなのにおかしいなぁ・・・?」とダンパー辺りのメンテをしてみると、短期間の間に結構な汚れが。

その他にも送風機周辺とかバーナーヘッドにコーヒーの水分が結露したような跡がある・・・

ダンパーのところも結露が酷いので汚れてるみたいなんですよ。
何かこう、焙煎機のシリンダーの中ですでに結露してるみたいな。

で、とりあえずダンパーの所だけキレイにして焙煎してみたら、排気温度はきれいに上がっていくようになったので、排気ファンの回転数を設定し直したのが水曜日。

定休日明けて金曜日に同じ設定で焙煎するも、また大きく風味が変わっているんですよ、これが。

もうね、何がなんだか!と思いつつも、水曜日と金曜日で何か変えたことあったかしら?と考えたら、ゴミ袋を1つドアと焙煎機の間に置いたこと!!

この焙煎機の奥にあるドアの下には換気口があるんですけど、確認したらここから結構な量の風が入って来てる!

この前メンテナンスした時に、「煙いし抜けが良くなるから換気扇を『強』にしたら?」と言われて今まで『弱』にしてたのを変えたんですよね。

そりゃあ、上から空気を強く排気したら、下からゴーゴー入って来るし。

コーヒー豆の風味が出なくなるのは明らかに熱量不足なんですよ。

焙煎機の中で結露するのは冷たい風が入ってるから。

10月になって気温が下がり、換気口からの空気が冷たくなってるのにガスバーナーのノズルが詰まって火力が弱くなってるというダブルパンチだった訳です。

試しに換気扇を『弱』に戻して、焙煎機の横に板を置いて風を遮断して焙煎したら、えらい渋いコーヒーになりました。

渋いのはよろしくないんですけど、ちゃんと熱量は足りてるってことなので、排気ファンの回転数で調整すれば大丈夫なんですが、まさか板1枚でこんなに味が変わるとは!!

そういえば4月に豆屋の社長さんに来て頂いた時に
「これは熱量が足りてません。冷たい空気が入らないように隙間を塞ぎましょう。」と言って、
焙煎機のバーナーコックの辺りを段ボールを切り貼りして塞いでくれたんですよね。

井上さん曰く「うちの焙煎機は燃焼炉を背負ってるからそんなの関係ない。」って話で、段ボールが燃えたりするのも怖いので取ってしまったんですけど、いや結構盛大に冷たい空気が中に入ってますって、後ろから・・・(-_-;)

焙煎機の手前側は冷たい空気が入らないようにと、常に戸を閉めて焙煎してるのですが、後ろ側からそんなに入って来てるとは・・・

そう、秋から冬にかけては、ドアに向かって正面から風が吹き付けたりするので、換気扇回してなくても冷たい風が入って来てたのかもしれません。

このことに気が付いた時、私の頭の中には

「志村~~!後ろ!後ろ!」のフレーズがぐるぐるしてました(笑)

焙煎機の横に板を常に置いて風が入らないようにしてから、もう1度排気ファンの回転数の丁度良いところを探せば、以前のように安定して焙煎出来るようになるんじゃないかと思います。

明日からまた調整してみますね~



 

2017年10月26日 (木)

祝!解決!!(・∀・)

昨日は焙煎機のメンテナンスを井上さんにお越し頂いてやってもらったのですが、やっと焙煎不調の原因が分かりました!!( ̄▽ ̄)

今日は微調整しながらテスト焙煎をして、丁度良い設定を見つけることが出来ました。

明日も休日出勤して焙煎しますので、27日(金)からお店を開けます。

全部煎り直すのにちょっと時間が掛かりますので、週明けの方が豆は揃ってますが、
「もうコーヒー豆がない!!」というお急ぎの方には、とりあえずの分くらいならお渡し出来ると思います。

根本的な原因がハッキリしないまま、モヤモヤ過ごした3年間・・・

全てが腑に落ちる説明がついて、超スッキリ爽快です!!

あの現象、この疑問、全部理屈が通る!!

直接的な原因としてはガスバーナーのノズルが詰まってたってことなんですが・・・

通常2・3年に1度くらい掃除をすれば大丈夫な所なのですが、どうも3ヶ月くらいで目詰まりしてるっぽいんですよ。

1年前に掃除して貰ってるから大丈夫だとばかり思ってたのですが。

ここの部分は井上さんから「失敗するとバーナー全交換になるから自分でやらないで。」と言われてるので、自分でメンテナンス出来ないんですね。

で、何でそんなに目詰まりするのか?ってのは、やはりニチガスさんに替えてから、ガス圧が上がったのが原因なのではなかろうか?と。

ガス圧が上がり、火力が上がってるのを排気ファンの回転数を下げることによって、バーナーワークはそのままに、燃焼効率を下げてたんですね、。

そうすると、煙が焙煎機内に籠るので、バーナーの辺りにも燃えかすやタールが付着しやすくなる・・・と。

ノズルが目詰まりするとガス圧は変わらないんですけど、流量が減るので気が付かないうちに火力が下がっているという・・・

熱量が足りてないから、コーヒーの風味が出て来ないと。

火力と排気ファンとダンパーのバランスが良いところを探してピンポイントで焙煎してるので、どれか一つでも変わってしまうと、自分の思う焙煎が出来ない訳です。

そこら辺は燃焼効率と熱流体の話がくんずほぐれつなので、説明すると長~~~~くなりますが、ま、企業秘密なので(笑)

トーカイの社員さん呼びつけてアレコレ見て貰った時に「ガスのノズル詰まってたりしません?」と訊かれて、「いや、掃除してあるはずだし、詰まってるってことはないと思います。 」とか言っちゃってたよ、私!!

トーカイのSさん、ごめんなさいm(__)m
思いっ切り詰まってました・・・

やっぱり、餅は餅屋、ガスはガス屋だわ~

ノズルを自分で安全にメンテナンスする方法があるか、訊いてみようかな。

皆様に美味しいコーヒー豆をお届け出来るよう、頑張って焙煎しますので、
今後ともどうぞよろしくお願いします!(´▽`*)

«やっぱりダメでした・・・

↓お買い物はコチラから。
自家焙煎コーヒー専門店クラーヌ

↓Facebookやってます。
COULANE Twitter

↓Twitterやってます。
COULANE Twitter

カテゴリー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30