« 自動ドア撤去 | トップページ | ビジネス目線 »

2012年6月13日 (水)

コーヒー豆の香り

本格的に梅雨に入り、紫陽花もきれいに色づきました。

相模原市の花は紫陽花なので、店の前の道路にもたくさん植わっていて
色とりどりで曇り空でもちょっと心が晴れます。

今日はまさに梅雨寒ですね。

もうホットコーヒーよりアイスがいいなぁ~なんて、日曜日限定でお出ししてる
1杯サービスのコーヒーをアイスにしようと思って、アイスコーヒーの淹れ方を
知子さんと恭介さんにレクチャーしたのですが・・・あれ?寒いしw

個人的にはしっとり雨が降る日にバド・パウエルのレコードでもかけて
ゆったりコーヒーを飲むのが好きです。

自分でお菓子を焼いて食べるのがベストですけど、最近は家の近くでケーキを
買うなら、伊勢丹に入ってるアンリ・シャルパンティエに行くことが多いかなぁ~

焙煎するのも今日くらいの気温だと良いのですけどねぇ。

今日はキリマンジャロ・ムリンガ農園の最後の200gが売れたので、
新しく入れたキリマンジャロ・マハレマウンテンを焙煎しました。

1ハゼがきたところで、ホットケーキを焼いてるような甘~い香りがして
なんとも幸せな気分に。

今、カッピングしてみましたが、フローラル系の香りとシダーウッドっぽい香りが
なんとも上品な感じのキリマンジャロでした。

ムリンガ農園はベリー系の甘酸っぱい香りがありましたが、マハレマウンテンは
フローラル系でクリア、王道のキリマンジャロって感じです。

私がベリー系の甘い香りが好きなので、うっかりすると似たような感じの香りばかりに
なりがちなんですが、趣が違うのがあった方がいいですものね。

まあ、明日になったらまた香りが変化してると思いますが。

焙煎してる時と煎り上がった豆、さらにそれを挽いた時の香り、そして抽出して
カップに落とした時の香り・・・それぞれに違うので楽しいです。

焙煎してる時の香りも豆によってそれぞれに違って、綿あめみたいな甘い香りや
バターを溶かしたような甘い香りがしたり、芳ばしい香りがしたり。

芳ばしい香りにも色々あって、小麦っぽい香りやナッツのような香り、
インドネシアの豆はお米っぽい芳ばしさ・・・ちょっとおせんべいっぽい香りだったり。

それをビンに入れて蓋を開けたまま一晩ガスを抜きます。
3日くらい経つと豆本来の香りが立ってくるのですが、私は豆のビンを開けた時の香りが
好きなんですよ~。甘~い♪

挽いた時の香りも良いんですけど、芳ばしさの方が立ってくるので、
甘い香りを楽しむなら豆のままのが好き。

そんなこと言ってたらコーヒー飲めないので挽きますけどねw

できれば挽かずに買い上げ頂いて、豆のままの香りも楽しんで頂けたら
嬉しいなぁ~と思います。(*´∇`*)

« 自動ドア撤去 | トップページ | ビジネス目線 »

焙煎のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー豆の香り:

« 自動ドア撤去 | トップページ | ビジネス目線 »

↓お買い物はコチラから。
自家焙煎コーヒー専門店クラーヌ

↓Facebookやってます。
COULANE Twitter

↓Twitterやってます。
COULANE Twitter

カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30