« 消費税上がりますけど・・・ | トップページ | コーヒー豆のロースト度合の決め方 »

2014年4月 2日 (水)

気圧の影響

Img01444桜が満開ですね~
今年の桜はいつもより白っぽいような気がします。

春は気温もぐんぐん上がり、気圧もイマイチ安定せず、焙煎の設定を決めるのがなかなか難しい季節でもあります。

店を開業した当時、お客様にこんなことを言われました。

「知り合いで自家焙煎の喫茶店やってる人がいてね、雨の日の方が焙煎が上手くいくって言うんだよ。そういうもんなの?」

「私は天気とかあまり気にしたことないですけど。」とお答えしたような・・・

当時は壁に換気扇を設置していて、そこから焙煎時の煙を外に出してたんですね。

何年か前に換気扇を外して、煙突のパイプをそのまま外に出して煙を出すようにしたところ、雨の日に調子が良いって話を思い出しました。

焙煎って私なりの持論ですが、「いかに成分を飛ばして、成分を残すか」ってことだと考えてます。
煙と一緒に豆の成分が飛んで行くのですが、豆に残る成分が多過ぎると飲みにくいコーヒーになるし、成分を飛ばし過ぎると軽くなりすぎて飲み応えがなくなるのです。

飲みやすいんだけど、飲み応えも十分あるポイントを探して、焙煎機の排気のファンの回転数を変えて焙煎しています。

回転数は豆の量、ロースト度合、豆の水分量などを考慮して決定するのです。


「雨の日は焙煎が上手くいく」

普及してる多くの焙煎機は排気ファンの回転数は変えたりすることが出来ません。
煙は気圧が高ければ空気に押されて抜けにくくなり、低ければ抜けがよくなる訳です。

雨の日は気圧が低いものですから、きっと煙の抜けがよくなってスッキリした味にコーヒーが仕上がるんだろうなぁ・・・と思います。

うちの焙煎機は微調整が可能なので、ファンの回転数を途中で0.15hzほど落とすのですが、このタイミングが気圧の変化によって変わります。

気圧が高ければタイミングを遅らせ、低ければ早めに落とす、と。

気圧計買おうかなぁ~と思いつつ、なんとなく感覚に任せていたのですが・・・

この前の土曜日にゆかりさんにお店を任せてまで参加した釣りのイベントで、なんとカシオのプロトレックという腕時計をジャンケンに勝ち抜いて頂きました!

最近の腕時計ってすごい高性能なんですねぇ!!
温度や高度・方位、気圧までかなり正確に計測できちゃうんです!
もうビックリ!Σ( ̄◇ ̄*) アタマヨスギル~

登山のために開発されてる時計を、最近は山登りなんて全然してない私が頂いてしまって申し訳ないなぁ~なんて思ってましたが、仕事で毎日使えるじゃないですか!

ファンの回転数を落とすタイミングを数値を見ながら決められる訳です。

ジャンケンしてる時、なぜだか負ける気がしなかったのが不思議だったんですけど、きっとうちの子になる運命だったということで。

ご関係者の皆様に感謝しつつ、今日も美味しいコーヒー豆になるように頑張って焙煎してます!ヽ(・∀・)ノ

 

« 消費税上がりますけど・・・ | トップページ | コーヒー豆のロースト度合の決め方 »

焙煎のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気圧の影響:

« 消費税上がりますけど・・・ | トップページ | コーヒー豆のロースト度合の決め方 »

↓お買い物はコチラから。
自家焙煎コーヒー専門店クラーヌ

↓Facebookやってます。
COULANE Twitter

↓Twitterやってます。
COULANE Twitter

カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30