« 今週末は琵琶湖に行ってきます。 | トップページ | お陰さまで9周年! »

2014年12月16日 (火)

生豆が凍ると厄介なことに・・・

師走も半ば、すっかり年末モードですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

9月8日から放置してたこのブログ、3ヶ月以上経ってから奇跡の更新!

いやもう、9月の後半から出産内祝いに始まり、お香典返しから
そのままお歳暮ギフトに突入して、ひたすらドリップバッグを作る
日々が続き、すっかりご無沙汰しておりました。

今年の冬は暖冬ですなんて予報が秋頃に発表されてたような気がしますが
北極からの寒波がやって来る度にえらい寒さです。

先週の初め、店に出勤してくると店の前の歩道でネズミのチュー太郎がお星様になっておりました。
円らな瞳の野ネズミだったので、ケヤキの根本に埋めました。
この日はどうやら各地で凍死したチュー太郎が多数出た模様。

気を取り直していつも通りに仕事に励み、バリバリ焙煎して一息ついたとこでカッピングしてみると、何だかコーヒー豆の仕上がりがいつもより軽い・・・

あれぇ?(´・ω・`) 変なの・・・

排気ファンの回転数を0.5hz下げてみるも、まだ軽い。
結局、1.5hz下げて丁度良くなりました。

生豆を店内に置いておくと、少しずつ水分は飛んでいくのですが
こんなに急に水分値が下がるなんてこと記憶にないのです。

排気ファンの回転数を調整するとしても0.25hzずつ微調整するくらいなのに。
しかも、どの豆も一律に水分値が下がっている・・・う~ん。

原因が分からないと対処の仕方も分からないので考えた結果、
「生豆が凍ってしまったんではなかろうか?」という結論に達しました。

そういえば高野豆腐って凍らせて豆腐の水分を抜いて作るんだったよな~。

以前テレビで濡れてしまった本を魚を保存しておく大型冷凍倉庫で凍らせて
乾燥させると元通りになるサービスがあるってやってたし。

チュー太郎が凍死するほどの気温だったってことは、生豆が凍っててもおかしくないし。

まあ、原因が分かったのでスッキリしました。

丁度お歳暮ギフトに追われてる時だったので、発狂しそうでしたけど(笑)

以前、生豆の温度が低い方が強火で焙煎できて甘味が強くなるから、生豆を冷凍してから焙煎してる方が居るって話を聞いたことがあるのですが、水分値さえ気をつければそれはそれでありだと思います。

夏の暑さは気にしてエアコンかけっぱなしで温度を保つようにしてましたが、凍るとこんなに水分が抜けるっていうのは想定外でした。

結局、全部焙煎し直して一段落。

風味が軽くなる分には渋みが出るわけでもなく、ただいつもより豆の量を多く使わないと物足りない味わいになるのです。

コーヒー豆屋的には軽めに焙煎した方が儲かるのかもしれませんけど、やはり自分で納得のいくものしか売りたくはないですしね。

設定もバッチリ決まったので、気分良く焙煎がんばります!

« 今週末は琵琶湖に行ってきます。 | トップページ | お陰さまで9周年! »

焙煎のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生豆が凍ると厄介なことに・・・:

« 今週末は琵琶湖に行ってきます。 | トップページ | お陰さまで9周年! »

↓お買い物はコチラから。
自家焙煎コーヒー専門店クラーヌ

↓Facebookやってます。
COULANE Twitter

↓Twitterやってます。
COULANE Twitter

カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30