« ゴールデンウィークの営業について | トップページ | ブラジルを新しい銘柄に変えてみます。 »

2016年5月10日 (火)

それは突然やって来る・・・

ゴールデンウィークも明けて、いつもの日常が戻ってきた感じでしょうか?

例年あまりの人の気配の無さに「やっぱりGWは休めばよかった~」と後悔する感じでしたが、今年はいつもより忙しいくらいでした。

実は、このGWは焙煎機の排気ファンの調整をひたすらしてたのですよ。
GWに入るちょっと前くらいに、「あれ?何かコーヒーの味が軽いかも。」と気付く。
そう、それは突然やって来る。

何でか知らないけど、突然焙煎の調子が狂う~!(´Д`)

焙煎記録ノートを遡ってみると、どうも4月22日から23日の間でゴロッと変わってるんですよ。

原因がよく分からないのが気持ち悪い・・・

風向きかな?と真っ先に思ったけど、それなら春一番の辺りだろうし。

過去の天気図とかネットで調べてみたら、その辺りから前線が沖縄辺りで真横に伸びるようになってるんですよね。

何か関係あるんじゃろか?( ̄ー ̄)

それとも気温が20℃以上の日が何日続くと生豆の水分値が大きく変わるとか?

そりゃ、私に資本力があれば定温倉庫を作り、常に条件が変わらない焙煎室を作りたいですけど、現実問題無理なので・・・(´・ω・`)

私に出来ることっていったら排気ファンの回転数やら火力を調整することくらいなもんで。


で、調整してるうちに気付いたことが。

去年の秋に回転数を制御してるインバーターを新しくしたんですね。

それは0.01hzの単位で調整が出来るのです。

以前は0.25hz単位でしか調整が出来なかったので、1hzを4分割する感じです。

正直、そんなに細かい単位で調整出来ても違いなんて分からないだろうから0.1hz単位でいいんじゃないかなぁ?なんて思ってたのですよ。

それがそうでもない・・・
0.01hz違うとやっぱり風味の出方が違う。

前は27.89hzで焙煎してたのを、軽くなったということで27.50hzまで回転数を落としたのですよ。

でもちょっとまだ軽い・・・

じゃあ27.45hzでどうかしら?

ん~、今度はちょっと重いかも。渋くはならないけど。

じゃ、真ん中取って27.48hzでどうだ!

悪くはないけど、あともうちょっと香りを出せるでしょ!

それなら27.47hzで、今度こそ!!


あ!これこれ!!これですよ!これでジャスト!!!


まあジャストと言っても、私の淹れ方で、私の好みでジャストなんですけどね。

風味が軽いって言っても、1g豆を増やして抽出すれば問題ないくらいのレベルなんですが。


交換する前のインバーターで、どうやって焙煎してたのよ?ってな話になるんですけど、
焙煎の途中で回転数を落としたりダンパーを閉め気味にしたりと、自然とあれこれ調整してたんですよね、思い返せば。

0.01hz単位で調整出来るようになって、そこら辺の微調整が必要なくなりました。


排気ファンの調整ついでに、2キロで焙煎する時のバーナーワークもちょっと変えてみたり。
この仕事をしてて一番イヤなことは、コーヒー豆の風味が思ったように出せないことなので、今回もドンピシャな設定が出来て胸をなで下ろしております。


焙煎機の性能が上がってることを実感し、自分の味覚センサーも向上してるのかな?と思ったりして。

いずれまた焙煎の調子はズレますけど、私の味覚がズレなければまあ問題ないかと。

しばらくはこれで大丈夫なはずなので、明日からもジャンジャン焙煎しますよ~( ̄▽ ̄)

« ゴールデンウィークの営業について | トップページ | ブラジルを新しい銘柄に変えてみます。 »

焙煎のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それは突然やって来る・・・:

« ゴールデンウィークの営業について | トップページ | ブラジルを新しい銘柄に変えてみます。 »

↓お買い物はコチラから。
自家焙煎コーヒー専門店クラーヌ

↓Facebookやってます。
COULANE Twitter

↓Twitterやってます。
COULANE Twitter

カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30