« 師匠に久し振りに会いました。 | トップページ | カフェインレスコーヒーについて »

2017年1月16日 (月)

リベンジ!ミャンマー・マンダレー・ピーベリー

年が明けて、もうすでに1月が半分が過ぎ・・・ 今年も何だか1年が早そうです。

このところの寒波襲来のせいなのか、アレルギーのせいなのか、鼻の粘膜が1枚薄く膜が張られた感じで、いまいち匂いが分かりません。

味は分かるんですけどねぇ・・・

今日は前回シティーローストにして、何か違うなぁ・・・と思っていた豆「ミャンマー・マンダレー・ピーベリー」をハイローストに仕上げてみました。

「シティーローストで美味しく仕上がる豆はないかなぁ~」と思って仕入れておいた豆なんですけれども、どうもシティーだと変に苦味が目立つんですよね。

問屋さんの説明文には「ラズベリーのような香りがあります。」ってありましたが、シティーまでもっていくと香りも消えてしまうのか、「ラズベリーねぇ・・・?」って感じでした。

今現在鼻が利いてないのでまた別の機会に評価はしますが、飲んでみた感じではカリブの豆を思わせる芳ばしさはありつつ、透明感があって、甘味が強いです。

何かフローラルな香りもしてると思われます。分らんですけどw

心地よい柑橘系の酸味もありますが、それがオレンジなのかレモンなのか、はたまたグレープフルーツなのか、分からないところがもどかしい・・・

まあ、とにかくシティーよりはハイローストの方が格段に美味しいです。

お客様に「どうやってロースト度合を決めてるんですか?」と訊かれることもあるんですが、

「ズバリ!感性です!!」としかお答えの仕様がないんですよね。

私の場合、ぶっつけ本番で10キロとか仕入れちゃうんですけど、一応、先にロースト度合は決めてます。

で、実際焙煎してみて美味しければOKですし、何か違うと思えば他のロースト度合で試してみるって感じです。

そこの何か違う・・・ってところが感性なんだと思います。

ジャマイカとかキューバ、ハイチ、ドミニカ辺りの浅煎りの豆がお好きな方にミャンマーはオススメです!

ぜひ!!(*´∇`*)

Img01076

 

« 師匠に久し振りに会いました。 | トップページ | カフェインレスコーヒーについて »

コーヒー豆のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527740/64771167

この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ!ミャンマー・マンダレー・ピーベリー:

« 師匠に久し振りに会いました。 | トップページ | カフェインレスコーヒーについて »

↓お買い物はコチラから。
自家焙煎コーヒー専門店クラーヌ

↓Facebookやってます。
COULANE Twitter

↓Twitterやってます。
COULANE Twitter

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30