« とりあえず復活しました! | トップページ | GWは通常営業しております。 »

2017年4月25日 (火)

風がビュービューでゴーゴーです…(´Д`)

すっかり葉桜になり、新緑の美しい季節になりました。

もうツバメがやってきてますね~

その後、焙煎は何とかぼちぼちやってるんですけども・・・

先日、焙煎を教えて頂いた師匠にアドバイスを頂くべく、朝の8時から店で焙煎講習。

先ずは上手く煎れなかったコーヒーをカッピングして頂く。

「これは火力が足りてないですね。冷たい空気が釜の中に入ってしまうとこういう風味になります。」ときっぱり言い切られる。

やっぱりそうか・・・シャバシャバなのは豆に熱が掛かってないっぽいとは思ってたんですけども。
さすが40年のキャリア!言い切れるところがすごい!!

しかし、なぜガス圧が上がって火力は強くなってるはずなのにカロリー不足なのか?????

でもまあ、師匠の言う通りに火力を上げるべく、ガスバーナーを減らしていくタイミングを遅らせて通常より熱を多めに掛けると香りも出るし、シャバシャバ感も無くなるし。

スッキリしないまま、とりあえず焙煎は出来るように設定出来たので、温度変化のグラフを睨みつつ焙煎してたら、焙煎機側は何もいじってないのに急に温度が高くなることが何度かあり・・・

これは風が瞬間的に強く吹いて排気を引っ張ったためだということが可視化できました。

やっぱり風の影響を受けてるんじゃん!と過去の天気を調べたら、焙煎の調子がごろっと変わったところで風向きが東よりの風から西よりの風に変わっている。

そう、排気の出口に真正面から風が当たると逆流し(酷いと煙がホッパーから出てくる)真横から風が吹くと煙を引っ張ってしまう。

サイクロンの中に手を入れてみたら空気の動きを感じるので、かなり影響してることが確認できました。

そこにきて、私が豆を1キロしか投入せず、排気ファンの回転数もかなり下げて風量を弱くしてるもんだから、外の風に余計影響を受けるって訳ですね。

私がいくら排気ファンの回転数を細かく設定しても意味が無くなる訳です。

冬の間はパイプの真正面から風が当たり、春になると真横から吹く感じなので、釜の中の空気が引っ張られ過ぎて、カロリー不足になるという・・・

まあ、この理屈で今までの現象がほぼ説明がついて納得できたのでスッキリはしました。


今日はまた東よりの風がものすごい勢いで吹いてるもんですから、煙が逆流してきます。

店の前のノボリもすごい勢いではためいてます。

換気扇を付ければ解決するとは思うのですが。

このままだとまた7月に設定が大幅に狂う予定なので、ゴールデンウィークが明けたら換気扇設置に向けて動きます。

とりあえずは風の様子を見ながらぼちぼち焙煎しますね。

この強風はどーにもならないので、止むの待ってみます。
はあ・・・仕事にならん(´Д`)

Img01168

 

« とりあえず復活しました! | トップページ | GWは通常営業しております。 »

焙煎のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風がビュービューでゴーゴーです…(´Д`):

« とりあえず復活しました! | トップページ | GWは通常営業しております。 »

↓お買い物はコチラから。
自家焙煎コーヒー専門店クラーヌ

↓Facebookやってます。
COULANE Twitter

↓Twitterやってます。
COULANE Twitter

カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30