« やっぱりダメでした・・・ | トップページ | 原因その② »

2017年10月26日 (木)

祝!解決!!(・∀・)

昨日は焙煎機のメンテナンスを井上さんにお越し頂いてやってもらったのですが、やっと焙煎不調の原因が分かりました!!( ̄▽ ̄)

今日は微調整しながらテスト焙煎をして、丁度良い設定を見つけることが出来ました。

明日も休日出勤して焙煎しますので、27日(金)からお店を開けます。

全部煎り直すのにちょっと時間が掛かりますので、週明けの方が豆は揃ってますが、
「もうコーヒー豆がない!!」というお急ぎの方には、とりあえずの分くらいならお渡し出来ると思います。

根本的な原因がハッキリしないまま、モヤモヤ過ごした3年間・・・

全てが腑に落ちる説明がついて、超スッキリ爽快です!!

あの現象、この疑問、全部理屈が通る!!

直接的な原因としてはガスバーナーのノズルが詰まってたってことなんですが・・・

通常2・3年に1度くらい掃除をすれば大丈夫な所なのですが、どうも3ヶ月くらいで目詰まりしてるっぽいんですよ。

1年前に掃除して貰ってるから大丈夫だとばかり思ってたのですが。

ここの部分は井上さんから「失敗するとバーナー全交換になるから自分でやらないで。」と言われてるので、自分でメンテナンス出来ないんですね。

で、何でそんなに目詰まりするのか?ってのは、やはりニチガスさんに替えてから、ガス圧が上がったのが原因なのではなかろうか?と。

ガス圧が上がり、火力が上がってるのを排気ファンの回転数を下げることによって、バーナーワークはそのままに、燃焼効率を下げてたんですね、。

そうすると、煙が焙煎機内に籠るので、バーナーの辺りにも燃えかすやタールが付着しやすくなる・・・と。

ノズルが目詰まりするとガス圧は変わらないんですけど、流量が減るので気が付かないうちに火力が下がっているという・・・

熱量が足りてないから、コーヒーの風味が出て来ないと。

火力と排気ファンとダンパーのバランスが良いところを探してピンポイントで焙煎してるので、どれか一つでも変わってしまうと、自分の思う焙煎が出来ない訳です。

そこら辺は燃焼効率と熱流体の話がくんずほぐれつなので、説明すると長~~~~くなりますが、ま、企業秘密なので(笑)

トーカイの社員さん呼びつけてアレコレ見て貰った時に「ガスのノズル詰まってたりしません?」と訊かれて、「いや、掃除してあるはずだし、詰まってるってことはないと思います。 」とか言っちゃってたよ、私!!

トーカイのSさん、ごめんなさいm(__)m
思いっ切り詰まってました・・・

やっぱり、餅は餅屋、ガスはガス屋だわ~

ノズルを自分で安全にメンテナンスする方法があるか、訊いてみようかな。

皆様に美味しいコーヒー豆をお届け出来るよう、頑張って焙煎しますので、
今後ともどうぞよろしくお願いします!(´▽`*)

« やっぱりダメでした・・・ | トップページ | 原因その② »

焙煎のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527740/65963683

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!解決!!(・∀・):

« やっぱりダメでした・・・ | トップページ | 原因その② »

↓お買い物はコチラから。
自家焙煎コーヒー専門店クラーヌ

↓Facebookやってます。
COULANE Twitter

↓Twitterやってます。
COULANE Twitter

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30